gifted-5

長男(10歳)の審査結果に引き続き、先日、長女(8歳)のGifted Programの審査結果が届きました。

長男が「COVID19で心理学者との面談が受けられないため」と、保留にされて半年以上かかったのに対し、

長女の方は、半分オンライン/半分登校の期間にさくっと面談してくれたらしく、スクリーニング検査を受けてから1ヶ月程度で審査が終わりました。

 

気になる結果は、

"Your child is eligible for Gifted Support services."

とう内容で、長女の方も無事にGifted Programのコースを受けられる事になりました。

 

審査項目は概ね長男と同じですが、長女の方は、

「英語を母国語としない子供達のためのテスト」

の結果が反映されておらず、通常のGifted審査を受けたようです。

 

長女は5歳で渡米し、まだ2年生の授業内容なので、長男ほどには英語に困らず学校生活が送れているようでした。(その分、国語がかなりヤバくなりつつある……)

Gifted evaluationの結果の一部
▲ 長女のGifted evaluationの結果の一部

 

長男の Gifted ミーティングは12月中、長女の Gifted ミーティングは来年1月に予定されています。

ミーティングの参加者は、

  • Gifted Program の担当の先生
  • 小学校の校長先生(or 副校長先生)
  • 担任の先生
  • 算数の先生
  • 私達両親

の予定で、事前に話し合う内容のドキュメントも送られてきました。

子供達の学校での様子や、今後の可能性などについて知る、またとない機会だと思うので、

質問事項や懸念事項など事前に書き出し、十分に準備して臨みたいと思います。

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ