ママ研究者の雑記帳

3人の子持ち研究職の日々あれこれ

Year: 2024年

cake

ケーキ作り

長女(11歳)と次男(8歳)の最近の興味は、「ケーキ作り」です。 きっかけは私の誕生日 「僕、今度のお母さんの誕生日に、ケーキを作ってみたい!」 ある日、次男が宣言しました。 「じゃあ私も!」 こんな面白そうな企画に、長 […]
medaka-alevin-2

めだかの稚魚たち

夏になり、我が家のメダカたちはどんどん卵を生むようになりました。 めだかは一つの水槽にたくさん飼っていると交配が難しいので、別に交配用の水槽を用意し、オスとメスを入れて交配させます。 そして、メスのお腹に卵がついていたら […]
clean-the-room-1

お掃除の時間

毎週日曜日の午前中、我が家では「お掃除の時間」が設定されていて、普段よりも念入りに、家族みんなで掃除するようにしています。 最初はお魚達の水槽の掃除と川へ水を汲みにいく作業の時間でしたが、その後、主人の提案で「みんなで大 […]
flea-market-2

自宅でフリーマーケット

ある日のこと、仕事から自宅に戻ると、マフラー、帽子、サングラス、バスタオル……等で変装した小人が2人、玄関まで出迎えてくれました。 「おかえりなさい。私達は謎の行商人です。今度、お祭りがあるのであなたに特別にチケットをあ […]
muscle

筋肉できたかな

次男(8歳)は最近、ちょこちょこ「筋トレ」を始めました。 理由は 「僕、筋肉すごくなりたいんだ。」 とのこと。   腹筋を5回くらいしたあと、腕立てを5回くらい……くらいが限界で、それ以上はへなっと腕折れしてい […]
across-the-table

対面の日ー3

一通り話した後で、私は、相手方の御両親に伝えようと思っていたことを話すことにしました。 「あの、実は、B君のことについては、今回のことが起こる前から、私たちは存じていまして……」   ―― 何を言い出すのか。 […]
across-the-table

対面の日ー2

相手方のご両親は、教頭先生、担任の先生とともに、部屋に入ってきました。 2人とも疲弊した様子で、うつむきながら、力なく挨拶しました。   私たちは、対面に相手方のご両親、片側に校長先生と担任の先生、反対側に教頭 […]
across-the-table

対面の日ー1

息子の事故後、彼の回復以外のことについて、あまり考えられられず、相手方のご両親とお話するのは遠慮していただいていました。 立場が逆であれば、怪我をさせた子どもの両親にすぐにでも謝罪したいだろうとは思いましたが、相手の方々 […]
hospital

急ぎ、病院へ-11

学校に行けるようになってから、息子はどんどん元気になっていきました。 初日は疲れて早退しましたが、その次の日からはほぼ全日学校で過ごせるようになりました。   家でも、以前の元気を取り戻し、おしゃべりをしたり、 […]
hospital

急ぎ、病院へ-10

彼の容態は、日に日に良くなりました。 片眼は、漫画で描かれるような感じに大きく腫脹していましたが、その腫れも、日を追う事に軽快していきました。 若干の複視は続いていましたが、眼の腫れが引けば、それも元の状態まで戻るだろう […]
hospital

急ぎ、病院へ-9

彼が再び眠りについた後、静かに時が流れていきました。   「うーん……。あ、お母さん。」 久しぶりに、彼の口からはっきりとした声を聞きました。   「手術終わったよ。気分はどう?」 私が尋ねると、彼は […]
hospital

急ぎ、病院へ-8

病室で、息子は静かに寝ていました。 「麻酔から覚めても、水などを与えないようにしてください。まずはお腹の動きなどを確認してから判断しますので。」 看護師さんからそのような指示を受けている間に、彼は「うーん……。」と唸り声 […]
hospital

急ぎ、病院へ-7

息子の脳MRIの所見について、夫と静かに話していると、しばらくして、看護師さんが病室に入ってきました。 「手術が無事終わったという連絡を受けました。一緒に迎えにいきましょう。」   ・ ・ ・   私 […]
hospital

急ぎ、病院へ-6

病院に向かう途中で、私は自宅に立ち寄りました。 術後しばらく入院する必要があるため、息子が病院で退屈しないように、日頃遊んでいるものを持ってきてほしいと言われていました。   漫画ことわざ辞典、折り紙の本、折り […]
hospital

急ぎ、病院へ-5

緊急入院の翌日、私は本来、東京で講演する予定でした。 けれども、できるだけ病院の近くにいたかったので、オーガナイザーの方々に、私の発表のみ現地講演ではなくオンライン配信に変更できないかお願いしました。 先方はすぐに対応し […]
hospital

急ぎ、病院へ-4

今後の方針等について話し合った後、私達は先生方と別れ、脳外科Dr.から説明を受けました。 本日はEICUへ入院すること、眼窩底骨折があるも、外眼筋はかんでいないようなので緊急手術までは必要なく、明日形成外科を受診して今後 […]
hospital

急ぎ、病院へ-3

私が落ち着くまで待った後で、夫は、ベッドの対側に立っていた人たち ― 担任の先生、校長先生、養護の先生 ― を紹介しました。 「これから、学校で何があったか説明してくださるそうなので、部屋を出ようか。」   私 […]
hospital

急ぎ、病院へ-2

病院に到着し、救急外来で「本日搬送された◯◯の母です。」と名乗ると、待合室でしばらく待たされた後に、ERに案内されました。 見慣れたベッドの一角に、子供が横たわっているのが見え、周囲には夫と数人の大人たちが立っていました […]
hospital

急ぎ、病院へ-1

ある日の事、私は外勤先で患者さんの診察をしていました。 ちょっと判断に迷う症例があったので、私は他の脳神経内科医の意見を聞こうと、夫に電話をかけました。   夫はちょっと口ごもり、その症例に対する意見を述べた後 […]
どじょう1

我が家にどじょうがやってきた!

我が家が水槽だらけとなるのきっかけを作った、地域のお祭り。 1年が経ち、またお祭りのシーズンがやってきました。 「また金魚すくいの時期だね!」 お祭りに行こう 今年、長男(中2)と長女(小6)はそれぞれお友達とお祭りに参 […]
3D-puzzle

3Dパズル

長女は、数年前から時々3Dパズルに取り組んでいます ― どちらかというと、 「木製のプラモデル」というイメージに近いかもしれません。 ピアノ、バイオリン、観覧車、メリーゴーランド、五重塔 などなど…… リンク リンク リ […]
body-pillow

次男くんぬいぐるみ

ある日のこと、連日で講演用のスライドを作っていた私は、目が疲れてきていました。 「もうだめかも。。。ちょっと休憩したい。。。」 リビングに行ってビーズクッションの上にバタンと倒れると、次男がやってきました。   […]
脱皮後2

束の間のお友達

冬の間、川の生き物たちはひっそりを息を潜めていましたが、最近は温かくなり、川で生き物たちが動く姿を再び見られるようになりました。 夫と子供たちは、川で水槽用の水を汲みに行くついでに、新しいお友達を連れてきます。 「ただい […]
home-visit

家庭訪問

先日、長女(小6)と次男(小3)の家庭訪問がありました。 私と夫は、2人とも仕事を早めに切り上げ、家庭訪問に備えました。 2人の先生方は、それぞれ時間をおいて自宅に来られました。 長女の場合 家庭訪問の間は、先生たちが一 […]
worm

何か……の、幼虫

ある日のこと、子供たちが、興奮しながら部屋に突入してきました。 「お母さん!幼虫がいた!!カブトムシかな!?」 プランターに幼虫 彼らによると、ベランダにあるプランターにお花の種を植えようと土を掘りかえすと、体にたくさん […]
Time up

英検の面接に遅刻しそうになった件

学校の先生から勧められ、英検の準1級を受験した長男。 2次試験の面接は、自宅から地下鉄で2駅ほど離れた、町中のビルの中でした。   電車を乗り継ぎ、県外の学校やテーマパークへぴょんぴょん行けるようになった彼なら […]
pan

火傷の跡

ある日の夕食の準備中、ちょっと気をとられている間に、腕がフライパンの角にあたりました。 「あー、やってしまったーー。」 慌てて水で冷やしましたが、前腕内側部に三日月状の火傷ができてしまいました。   「痛いなー […]
rusk

ラスク

ある日のこと、LINEに長女(小6)と次男(小3)から連絡が届きました。 ラスク作ったから、お仕事から帰ってきたら食べてね。一人5個だから、食べたら箱の上にある紙にCHECKを入れてね。 ラスクづくり 「どうしてラスクを […]
勝海舟

みんな敵がいい

以前、自分が施設を移る際に、ある人から、餞別として 「みんな敵がいい」 という言葉を頂きました。 それについて色々考えたので、今回、ここに書き留めておこうと思います。 みんな敵がいい 誰を味方にしようなどと言うから間違う […]
carnation

明日は何の日?

夜の歯磨き中、次男(8歳)から、 「あした、母の日でしょ?何かしてほしいことある?」 と聞かれました。   私が「そっか。明日は母の日か!」と言うと、 直後、別の部屋にいた長女(11歳)が、すごい剣幕でやってき […]
bus

知らないところに降りちゃった

我が家には車がなく、子供たちはそれぞれ、徒歩か公共交通機関を利用して習い事に通ってもらっています。 次男(8歳)も、バスや電車を利用して、半径2.5km圏内を一人で移動します。 今では道も覚え、違う系統のバスに乗っても「 […]
word-logo

句読点のデフォルト「。、」を「.,」に変更:文字変換ソフトから/Word設定から

日本語で文章を書くとき、普段使っている句読点は「、。」だけど、日本語の論文では「,.」を使うように指示されることが多い。 その時だけデフォルトを変更する方法の備忘録。 文字変換ソフトウェアのプロパティから変更 私が普段使 […]
basket-goal

体育の予習

ある日、自宅に帰ってリビングのドアを開けようとすると、 「だめ!今まだドアを開けないで!」 長女から厳しい声が飛んできました。 自宅にバスケットリングを作製 許可を得てリビングに入ると、ドアの上には細長い棒で作られた、直 […]
Rosa-Parks

声を上げるということ

帰国前、アメリカのボスから、 「日本であなたのような女性が活躍するには、まだまだ大きな障害がある。日本に帰ったら、あなたはもっと声を上げなければならない。」 と言われました。 その時、私は頷きましたが、同時に、 「声を上 […]