Summer Bridge Program

COVID19で学校が閉鎖する直前に始まった、

長男(10歳)のGifted Programの審査ですが、

2ヶ月の審査期間を終え、仮判定が届きました。

 

結果は、

「心理学者とカウンセリングとの面談が未実施のため判定保留」

とのこと。

 

学校が閉鎖して必要な面談ができず、保留となりました。

まあ、どうせ合格しても授業は受けられないしなー。

 

ところが、それからしばらくして、担任の先生からメールがありました。

それによると、

夏休みの期間中にSummer Bridge Programというプログラムがあり、

そのプログラムの最終試験に合格すると、

新学期から始まる5年生の算数の内容をスキップして、

6年生の内容の授業を受講できるそうです。

 

長男は「学校の算数は退屈」と言っているので、

上の学年の算数の授業を受けるのはいいような気がします。

 

指示された日時にスクリーニングテストを受けると、

数週間後にオンライン説明会の案内が届きました。

説明会には、スクリーニングをパスした子供達とその保護者達が参加しました。

Summer Bridge Program

Gifted Programの時と同じく、

長男の通う学校を管轄するSchool Districtが主催しており、

10校ほどの小学校の生徒達(30人くらい)を、3人の先生で担当するようです。

 

プログラムは全てオンラインで行われ、

必要単位の授業を夏休み中に受ける様子。

バーチャル授業は、

  • Lesson
  • Practice
  • Quiz

の3部構成になっており、

Quizをパスすると、その単位を修得した事になるようです。

 

そして、8月中旬に最終テストが行われ、

それで80%以上の点数をとると「合格」とのこと。

 

先々週からバーチャル授業が始まりましたが、

ゲーム感覚満載の内容で、

息子は結構楽しそうに受けています。

今のところ着々と単位を修得していっている様子。

 

最後のテストがどうなるかはわかりませんが……

まあ、とりあえず楽しんでくれて何より。

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村