英語スピーキング

英語による「戦略的スピーキング」のワークショップ第4回目。

第4回目のテーマは、

Handling Q&A and Managing Miscommunicationです。

先生が「もっとも難しいパート」と仰っていましたが、私にとっても大の苦手とするところです……

聴衆に誤解を生じさせていないかどうか気を配る

「誤解」は、他人との会話、特にトピックが複雑で説明を要する場合において、普通に起こり得ることです。

ストーリーを話すにせよ、プレゼンするにせよ、講義を行うにせよ、聴衆の「誤解」に気を配ることは、話し手である自分の責任となります。

そのために重要なこととは……

  • 聴衆の心を読む
  • 誤解を生じやすい部分を予測しておく
  • 説明の計画を立てておく

聴衆の心を読み、予測し、計画を立てておくために

聴衆が「わからなくなってきている」というサイン

  • 困惑した表情
  • アイコンタクトの減少
  • 口が開いてくる
  • 前半で自分が説明したことを質問してくる
  • 「不明な点」の説明に対する質問が多い

聴衆が「わかっている」というサイン

  • うなずく
  • 相槌を打つ
  • アイコンタクトや注意を継続している
  • 理解しているとわかる質問や、意味のあるディスカッションへ繋がる質問が出る

質問内容を予測する

  • 聴衆がわかりにくくなるような箇所はどこか
  • プレゼンの中で最も説明が難しいと感じる箇所はどこか

計画を立てておく

  • 質問が出そうな箇所を予測し、そこでコミュニケーションが分断されないように計画を立てておく

質疑応答の定型文

Asking for Clarification Providing Clarification
  • Are you suggesting that …?
  • Do you mean …?
  • I didn’t catch what you said.
  • I’m sorry, I didn’t follow that. Could you please run that by me again?
  • What exactly do you mean by … ?
  • I'm not sure I fully understand.
  • You spoke about .....could you explain that in more detail?
  • I must have misunderstood what you said.
  • I want to make sure I’m understanding. You said….
  • What I meant was.....
  • In a nutshell, ......
  • That’s not exactly what I meant. Let me explain in a different way. (gives more explanation)....Does that make it clear?
  • My apologies. My explanation may have been a bit confusing. What I was trying to say was......
  • In other words, what I'm saying is.....

プレゼンをやり抜く

プレゼン中に緊張するのは、「よくあること」で、間違いも当然生じます。

けれどもここで気をつけておくべきは、「過剰に謝らない」こと。

もちろん、舌が回らなかったり、何を喋っていたかを忘れてしまったりしたら誤りますが、それ以外には基本的に謝らない方が良いそうです。

その理由は、

  • 謝ることで聴衆の意識を「間違い」の方へひきつけてしまい、大切なポイントが伝わりにくくなる。
  • 過剰に謝ることで、プレゼンターの自信がないように印象付けてしまう

とのこと。

「私」が質疑応答をコントロールする

質疑応答の流れとしては、

  1. 質問を受ける
  2. 質問を聞く
  3. 質問の内容を理解する
  4. そして、どう反応するか選択する
  5. 簡潔に答える
  6. その答えで質問者が満足するか確かめる
  7. プレゼンに戻る

という感じ。

質疑応答の戦略
▲ "VIRTUALSPEECH" より

ここで私が意外だったのは、「どう反応するか、自分で選択する」ということ。

「必ずしも質問に答えなくてもいい」らしいのです。

Answer:質問に答える

その質問に対して、「良い答え」を持っていたら、そのまま応えてOK。

簡潔に答え、クリアなメッセージを伝えます。

Reflect:逆に質問を返す

ぱっと良い答えが思いつかなかったら、

「その質問の意味はどういうことですか?」

と相手に聞き返してもOK。

相手の質問の論点がずれていたり、倫理に反している等と思えば、それをズバッと言い返しても良いそうです。

ただ、言い方には気をつけましょう。

Deflect:質問をそらす

ぱっと良い答えが思いつかなかったら、「聴衆に聞いてみる」こともOK。

またパネルディスカッションなら「他のパネリストに聞いてみる」という方法もあります。

もしその前に似たような質問がでていたら、それに言及することもアリです。

ここで大切なのは、「堂々としておくこと」

Defer:回答を遅らせる

もし簡潔な答えができないと思ったら、

「これを説明しだすと長いので、この講演の後で二人でお話しましょう。」

と言って、回答を遅らせるのもアリ。

こうすることで、良い答えを考えつくための時間を確保できます。

 

もしくは、後に関連事項を説明する予定だったら、

「この後のスライドで出てきます。」

といって、その場では答えないのもアリです。

無駄に時間を使わずにすみます。

Scope:範囲外だと伝える

もし、その質問に答えることで、プレゼン内容の論点がずれてしまうと思ったら、

「それは今回のトピックの範囲外になるので、後でお話しましょう。」

とはっきりと言った方がいい場合もあります。

「何か答えなければ」と思って焦ってはいけません。

「範囲外だ」と伝えることも、無駄に時間を使わず、「本当に伝えたいこと」から脱線しないための大切な戦略の1つとなります。

プレゼンを途中で遮り、質問するための定型文

Type of Interruption Related Language

General Interruption

  • May I interrupt you for (just) a moment?
  • Sorry to interrupt, but.....
  • If I may interrupt you for just a second, I’d like to.....

Commenting (must be related to current topic of discussion)

  • If it’s alright with you, I’d like to say a few words about...
  • If I may (just) add something very quickly...
  • I’d like to point out that ......

Language to Shift Topics

 

  • Speaking of .....(if something in conversation triggers/prompts another topic)
  • Let’s shift topics for just a second....

Returning from an Interruption

  • As I was saying....
  • Going back to what we were talking about...

おまけ:Biomedical Postdoctoral Council

こちらはUpennのポスドクに向けた情報発信。

忘れたくないので、ここに記しておきます。

BPCーBiomedical Postdoctoral Councilとは、ペンシルベニア大学のポスドク主体の団体で、毎月多くのイベントが開催されています。

場合によっては、Certificateを貰えるイベントやセミナーもあり、今回私が受けている「戦略的スピーキングセミナー」もその1つ。

このような活動は、今後の就活などでも活きてくるらしいです。

ざっと眺めていると、面白そうなイベントが目白押しのようなので、これからもちょこちょこチェックしていこうと思います。

感想

毎回内容が濃くて、書き留めておかないとすぐにわすれそうなので、復習目的でブログにアップしています。

いよいよ来週は、参加者全員の前でライブプレゼンです。

その後、Certificateももらえるそう。

……がんばります!