英語スピーキング

以前、説明会に出席し、心待ちにしていた「Language ConnectED」主催の「Strategically Speaking」プログラム。

コロナ禍で開催を見送られていましたが、今春、オンラインでのトレーニングプログラムを行うという案内が届きました。

早速応募し、見事Get!

楽しみです。

Strategically Speaking プログラムの内容

基本事項

  • 1回90分のコースで、週1回、毎週水曜日に行われる
  • 今回はワークショップのすべてがオンライン(Zoom)で行われる
  • 出席は必須
  • 毎回課題の提出あり

プログラムの内容

英語を母国語としない人達に向けた、戦略的スピーキング力を鍛える

6回のワークショップを通じて下記項目を学ぶ。

  • 明快でまとまりのあるプレゼンテーション
  • 明快なスピーチ技術、流暢で目的の定まった発音練習
  • データを説明するために必要な単語や戦略
  • カンファレンスにおける「スモールトーク(Small Talk)」「ネットワーキング(Networking)」の重要性
  • 文化の違いを超えて円滑にコミュニケーションを図る能力(Cultural Intelligence)

コースの概要

第1回 ワークショップ1: スモールトーク、ネットワーキング、自分の研究分野についてのコミュニケーション
第2回 ワークショップ2: 自分の研究について話す:フレームワーク、フック、アナロジー
第3回 プレゼンテーション1(個別レコーディング)
第4回 ワークショップ3: 明瞭な発音、データの明快な説明
第5回 質疑応答での対応の仕方や、ミスコミュニケーションを何とかする方法
第6回 プレゼンテーション2

コースの目的

本コースの終了時点で、参加者下記能力の向上を目標とする

  • 文化的に受け可能な、適切な方法でプレゼンテーションができる
  • 包括的でまとまりのあるプレゼンテーションができる
  • データのトレンドを述べ、ストーリー性のあるデータ説明ができる
  • ボディランゲージと質疑応答時間を駆使して、聴衆と一体化できる
  • プレゼンテーション時に、ハイレベルな自信と親しみやすさを表現できる
  • 同僚と、プロフェッショナルかつ社交的な信頼関係を築くことができる
  • 研究の趣旨について「エレベーター・ピッチ」で話せる
  • 鍵となる単語やデータ(数字、パーセンテージ等)について正確に発音できる
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ