予防接種

先月初め、次男(5歳)の通う学校のDistrictから通知が届きました。

「次男くんの年齢で必要な予防接種がまだのようだから、受けてきてね。」

とのこと。

 

インフルエンザの予防接種も遅れ遅れになっていたので、

この機会に3人一緒に予防接種を受けるよう、小児科に予約をとりました。

(ちなみに、インフルエンザの予防接種だけなら、薬局で受けられます。)

 

当日、主治医の先生から、

「インフルもだけど、みんな、A型肝炎ウイルスの予防接種がいるね。

そして、次男くんは、ジフテリア、破傷風、百日咳とおたふくかぜ。

今は合剤があるから、3箇所の注射でいけるよ。」

と、説明がありました。

 

次男「注射3個も打つの、嫌だな。」

「でも、去年は4箇所だったから、1個減ってよかったね。」

 

というような会話を交わし、

  • 長男(10歳)2種
  • 長女(7歳)2種
  • 次男6種

の予防接種を受けました。

 

次男「痛かったー。でも泣かなかったよ。偉いでしょ。」

「うん、みんな偉かったね。」

と、その日は、何事もなく帰宅しました。

が、翌日。

朝になっても次男が起きてきません。

寝室に迎えに行くと、いつもより体が熱い……

朝食は食べましたが、ずっとしんどそうにしているので、施設を休ませる事にしました。

(今はオンライン授業なのですが、私達共働きなので、オンライン授業をサポートしてくれる施設に子供達を預けています。)

 

「多分ワクチンのせいだね。ちょっと休んだらよくなるかな。」

 

その日、私は仕事でアポイントメントがあったので、夫が家で次男をみてくれることになったのですが、

昼過ぎ、夫から電話がかかってきました。

 

「次男くんが吐いた。あと、何も食べられないみたいだから、好物のアップルソースを買ってきて、」

との事。

 

彼の状態はだいぶ悪いようです。

 

「予防接種のせいじゃなくてなんか感染したのかな?」

と心配になり、友達に相談すると、

「ああ、予防接種はよく熱がでるからね。でも、1日2日寝ていたらよくなるはずだから大丈夫。」

と言われました。

アップルソースを買って家に帰ると、次男の状態はだいぶ良くなっており、食欲も戻っていました。

体全体はまだ熱かったですが、右上腕が驚くほど熱い……前日混合ワクチンの予防接種を受けた部分でした。

 

「やっぱり予防接種のせいだったのか。こんなに悪くなることもあるんだな。

みんな『よくある』って言ってたけど、日本にいた時はこんな事なかったわ……」

 

 

アメリカではたくさんの予防接種を受ける事ができ、ほとんどは保険でカバーされていて無料です。

そして、どんなにたくさんの種類の注射も、1回の受診で済ませてくれます。

 

日本で通っていた小児科では、

「予防接種は1回1種類まで」

と言われていて、赤ちゃんを連れて毎週小児科に通わなければならず、かなり大変でした。

 

「一回の受診でたくさん注射してくれるのはありがたいけど、こんなに体調が悪くなるんだったら、もうちょっと小分けでもいいかも。」

と、予防接種に対する考えをちょっと改めさせられた出来事でした。

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ