キンダーガーテン

COVID19の影響で子どもたちの授業がオンラインに変わり、先週で1年になりました。

色々大変でしたが、オンライン授業ならではの嬉しさもありました。

それは、普段見られない子どもたちの授業風景を垣間見れる、という事。

 

特に、低学年の子どもたちの授業を見るのは、とても楽しいです。

 

次男(5歳)のキンダーガーテンクラスでは、算数で、偶数奇数や大きな数などを習っています。

「これは偶数だよ!」

「これは奇数だよ!」

子どもたちが、こぞって先生にアピールする姿は、見ていて微笑ましいです。

うちの息子も授業をとても楽しんでおり、授業以外でも「これは偶数、これは奇数」とよく教えてくれています。

 

この間は、「大きな数」について皆で意見を出し合っていました。

生徒A「one hundred (100)!」

生徒B「one thousand (1,000)!」

生徒C「僕はもっと大きな数字を知っているよ!one million (1,000,000) だ!」

みんな「すごーい!」

 

これくらいの子どもたちにとって、大きな数字というものはとても魅力的のようです。

次男も、キンダーガーテンが始まる前までは、どんな数に対しても「one hundred (100)!」と答えており、当時の彼にとって一番大きな数字は「one hundred」でした。

最近は、「one million (1,000,000)」「one billion (1,000,000,000)」という数字も飛び出してくるようになり、キンダーガーテンでの授業が彼の数字の世界を広げてくれているようです。

 

結局、この日の授業では「one trillion (1,000,000,000,000)」まで習いましたが、

生徒たちからは

「one trillionの次(もっと大きな数字)は何なの!?」

という質問が続出していました。

 

先生は

「私も one trillion までしか知らないの。ちょっとまって。Googleで調べてみる。」

といって、すぐに調べ始めました。

 

先生「わかった!one quadrillion (1,000,000,000,000,000) だって!」

生徒たち「えー!すごーい!!! one quadrillion!! one quadrillion!!」

 

と、みんなで合唱しだして、授業は大盛り上がり。

次男も一緒に合唱していました。

 

こんなに子どもたちが興奮してくれると、教える側もとても楽しいと思います。

傍から見ている私もほっこりとした気分になり、子どもたちからたくさんの元気をもらいました。

みんな、この知的好奇心を維持したまま大きくなってほしいです。