Bicycle

最近、私達夫婦は仕事がかなり押しています。

2人とも技術補佐員が辞めてしまい、

薄切や行動解析なども全て自分達で行う必要があります。

そして、来年夏に帰国の日が迫ってきているので、それまでに何とか形にしたり、帰国後も継続するための準備を整えたりしたいので、二人とも休日返上で働いています。

 

休みの日もどちらかがラボに行っているか自室でPC作業をしており、子供たちには大変申し訳無く思っています。

 

 

そんなある土曜日の午後……

 

その日私は朝5時からラボでWBの1日目をかけていました。

もう一つの作業も同時並行で行っていたため、かなり急ぎましたが帰宅は昼過ぎになりました。

 

車を降りて足早にアパートに向かいましたが、部屋のドアを開けても誰もいません。

「あれ?みんな外に遊びに行っているのかな?」

と思いながら、私は部屋の片付けを始めました。

 

しばらくすると、子供たちの声が聞こえてきて、勢いよくドアが開きました。

「あ、お母さんだ!おかえりなさい!」

 

そして長女が言いました。

長女「お母さん!今日はお母さん important things を miss しちゃったよ。」

「え、important things って何?」

長女「今日、次男君が初めて自転車に乗れたんだよ!」

 

私は一瞬別の事で驚きました。

「あれ?次男くんって、今まで自転車に乗れなかったんだっけ……?」

 

よくよく考えると、長男と長女の時は一生懸命自転車の乗り方を教えていましたが、次男は……なんとゆーか、ほっといていました。

自転車も、上2人の分までしかなく(1台はサンタさんからのプレゼント)、次男が自転車に乗る機会を作っていませんでした。

 

しばらくすると、みんなの自転車を地下に片付けた夫が帰ってきて、次男の自転車動画を見せてくれました。

動画の中には、長女の自転車に足を掛けて一生懸命バランスをとろうとしている次男の横で、次男のスクーターに乗りながらノウハウを教えている長女と、自分の自転車でお手本を見せている長男の姿がありました。

次男は、長女に自転車を支えてもらいながら力強くペダルを踏み込み、そのままバランスをとって走り始めました。

その後ろから長女と長男が追走します。

 



 

長女「ね、凄いでしょ!次男くんはなーんでもできるんだよ。凄いねー!」

長女は何度も次男を褒め、次男は嬉しそうに照れ笑いをしていました。

 

私は動画を何度も再生しながら、

「確かに important things を miss したな。」

と思いました。

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ