Wordpress

ダッシュボードからサイトヘルスステータスをチェックしたら、

「改善が必要」

との事。

 

具体的には、

  • 使用していないテーマを削除
  • 使用していないプラグインの削除
  • サーバーのPHPのVer.を最新のものに更新

を勧められ、一つずつ対応。

 

 具体的に行動する前に、

  • サイトのバックアップ
  • WordPress本体、テーマ、プラグインのアップデート
  • PHPの互換性チェック
  • PHP互換性の問題があれば修正

を行っておく。

プラグインの互換性確認は、WP Engineがオススメらしい。

 

さて、 「使用していないテーマとプラグインの削除」は、なんなく終了。

「サーバーのPHPのVer.の更新」は、エックスサーバーのサイトから。

(何度も確認するが、変更前には必ずバックアップを取るべし!)

 

  1. サーバーパネルにログインし、PHP Ver.切り替えに移動。
  2. 対象ドメインを選択(○○.com)し、
  3. 現在のVer.を確認。
  4. 一個古いVer.だったので、変更後のVer.のタブから最新のものを選択。
  5. 変更をクリック。

無事完了。  

……と、おもいきや、

メインドメインでは不具合がなかったのに、

サブドメインの方で「致命的な問題」に警告メッセージが表示された。

 

「バックグランド更新が想定通りに動作していません」
バックグラウンド更新は使用中の WordPress のバージョンにセキュリティ更新がリリースされた際、自動更新できることを保証します。
エラー プラグインは wp_version_check() を無効化してアップデートを防ぎました。
OK バージョン管理システムは検出されませんでした。
OK この WordPress サイトでは更新の実行の際に FTP 情報が必要となりません。
OK すべての WordPress ファイルが書き込み可能です。

どうやら、サブドメインの中のプラグインのどれかが不具合を起こしているらしい。

どれが不具合を起こしているかわからないので、検証が必要。    

今回は、メインドメインで不具合がなく、

サブドメインのみでの不具合だったので、検証項目は少なくて済んだ。

 

つまり、メインになくてサブにあるプラグインをチェックすればよろし。

  1. まず、メインとサブを比較。
  2. メインになく、サブにあるプラグインを全て無効化
  3. 一つずつ有効化し、再び上記の警告がでたらそれがビンゴ

それの最新Ver.があれば更新してみる。

私の場合はWidgetize pages Light。

影響の少ないプラグインだったので無効化のままにしている。  

 

因みに、ちゃんとした人は、

  1. 新規にワードプレスをインストール
  2. テーマを設置
  3. プラグインを設置

という作業をして、本体に影響がないようにしている模様。  

References

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村