Google PageSpeed Insights

Google Site Kitが、 「あなたのサイト、モバイルではかなり遅いですよ。」 と教えてくれた。

携帯から見てくれている人達もいるし、検索順位にも反映されるらしいので、サイトスピードはかなり気になる所。 

とゆーわけで、PageSpeed Insightsで調べてみる。

 

 

なぬ……モバイルのサイトパフォーマンスが17……。

pagespeed-insights-1

メインのサイトも34と、かなり低い。

 

PCだとそんなに悪くないんだけど、やっぱなんとかしないとなー。    

 

ラボデータをみると、

合計ブロック時間が1,500msを超えていて対応が必須のよう。

pagespeed-insights-2

pagespeed-insights-3  

 

とゆーわけで、診断結果に従って、改善を試みた。  

「不要なプラグインの削除」

「不要なテーマの削除」

「不要なCSSコードの削除」

「サーバーのPHPのVer.の更新」(こちら

「レンダリングを妨げるリソースの除外」(こちら

「画像サイズの縮小と次世代フォーマットの適応」(こちら

「溜まっていたゴミデータを削除」(こちら

「キャッシュの利用」(こちら

「画像の遅延読み込み」(こちら

「アドセンスの自動広告を停止」

「ウェブフォント読込中のテキストの表示(CSSに「font-display: swap」を追加)」

「Javascriptファイルをフッダー行に移動」(こちら

「テキスト圧縮の有効化」

「必須のドメインへの事前接続」

「第三者コードの影響を抑える」 (Google/Doubleclick Ads, Facebook, Google Analytics, Google Tag Manager)

「使用していないJavaScriptの削除」

「課題なROMサイズの回避」  

 

この時点で、

  • モバイル:51
  • PC:88

かなり改善したけど……  

 

「第三者コードの影響を抑える」 ために、まずはFacebook回避のためにシェアボタンのプラグインを無効化した。

Google Adsenseが一番大きそうだけど、これを削るのは痛いので、自動広告の解除で対応。

もう少しいい方法もありそうなので、調べたい。  

 

やっぱり一番にメスを入れる必要があるのは、JavaScriptの削除と課題なROMサイズの回避のよう。

ROMサイズは、850あたりが警告上限のようだが、 私の場合は 2,374も要素あり。。。

 

ウィジェット内のカテゴリー、アーカイブ、HTML内のテーブルetc.がまず手を付けるべきところのよう。

今回は時間がないので、次回までの検討課題とする。  

※12/12/2020追記:地道にHTMLとCSSを修正していったところ、警告上限以下にまで減らす事ができた。

 

あとは、低速化を招くプラグインも検討が必要か……

  • AllInOneSEO
  • Responsive Lightbox
  • Pz-LinkCard
  • WP-PageNavi
  • WordPress Related Posts
  • WordPress Popular Posts

自分のサイトでは、このうち4つのプラグインを使っている。 全部大事なんだけど……もうちょっと考えてみよう……  

References

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村