Thanksgiving

昨日はThanksgiving dayで休日。

以前スーパーでいただいた15 lbsの七面鳥(こちら)と格闘することにしました。

アメリカ人の同僚や奥さん達から必要なコツを教えてもらい、詳細はネットで調べて……

ヒヤヒヤなシーンがかなりあり、途中までは(ほんとにできるんだろうか……)と心配しましたが、何とか最後までたどり着きました。

忘れないうちにメモっておきます。

七面鳥(ターキー)の丸焼きの作り方

3日前

1.冷凍ターキーを冷蔵庫に移動させる。

(大きいので解凍に時間がかかる。)

前日

2.ターキーをピックル液につけて肉を柔らかくする。

(これをしないと肉が硬くてとても食べられない、らしい。)

<ピックル液>
  • 水 6L
  • 塩 120g ⇒ 100 ml
  • 黒コショウ 40粒
  • オレガノ 適量
  • ローズマリー 適量
  • ナツメグ 適量
  • 鷹の爪 適量

一度沸騰させて室温まで冷めたところ、袋に液とターキーを入れて口を締め、冷蔵庫で一晩寝かす。

味見してみると……ちょっと塩がきついかなと思ったけど、結構おいしい。他のスープとかにも使えそう。

当日

3.ターキーの中に入れるスタッフィングを用意する。

(スタッフィングは絶対必要、というわけではない。中身を入れずに焼く人も多いし、ターキーの中に詰めずに別で焼く人もいる。ただ、スタッフィングの内容で各家庭の個性を出そうとする人も多い。)

<スタッフィング (stuffing)>
  • 玉ねぎ 中1個
  • ジャガイモ 中1個
  • 人参 1本
  • セロリ 茎3本
  • マッシュルーム 6個
  • ガーリック 1個
  • バター 適量
  • 塩胡椒 適量

一口大に切ってバターで軽く炒め、軽く塩胡椒をする。(後でオーブンに入れるので全てに火が通る必要なし)

4.ターキーの首と内臓を取り出し、スープストックを作る。

(心臓、肝臓、腎臓が別袋に入っていました。首は空になったお腹の中に入っていました。)

全てを取り出して鍋の中に入れ、お水と、ピックル液を少し入れて、ぐつぐつ煮る。途中で丁寧に灰汁をすくう。

5.オーブンを325ー350°Fに設定し、予熱開始。

6.ターキーの皮と肉との間にハーブバターを塗る

これをすると、ターキーをジューシーに焼き上げる事ができる。

<ハーブバター (Herb-Butter) >
  • バター 適量
  • ガーリック 適量
  • ローズマリー 適量
  • タイム 適量
  • セージ 適量

ハーブはお好みで。頭の中で、Simon & Garfunkel の Parsley, Sage, Rosemary & Thymeが流れていましたw 古いけど名曲。

7.ターキーのお腹にハーブとスタッフィングを詰める。

首の部分の空洞も忘れずに。

8.ターキーの足が広がらないようにタコ糸で縛る。

焼いているうちに足が広がってくる。

9.ターキーの皮の上からハーブバター、オリーブオイル with 塩胡椒 & ガーリックを塗る。

とりあえず油を塗ればOK。焼いている時に皮が焦げないようにするのが目的。オリーブオイルだけの人もいるし、ここにもハーブバターを塗る事にこだわる人もいるみたい。

10.ターキーをオーブンに入れて、325°Fで焼く。

普通は、Turkey Roasting Panにターキーを入れて焼くそう。私は焼く段階になるまでその事が頭に入っておらず、「どうやって焼こう……」となりました。

最初はターキーを網棚に入れて、下にアルミ箔を敷いたのですが、アルミの上の肉汁が焦げてきて、もくもくもくもくと家中に煙が立ち込め、火災報知器が作動しまくり…… orz…

一度ターキーを取り出し、アルミで簡易のPanを作って、再び網棚に入れました。

だいぶ肉汁を受け取ってくれましたが、少しずつ下に落ちてきたので、下の網棚と底にもアルミで受け皿を作り、受け止めてもらいました。

これで煙の量はかなり少なくなり、ヒヤヒヤながらも最後まで焼く事が出来ました。

11.アルミ箔でターキーの表面を覆い、焼き加減を調節する。

ちょこちょこオーブンの中をのぞいて焼き加減を確認する。皮が焦げそうだったら表面をアルミ箔で多い、焼き色を付けたかったらアルミを外す。

12.中まで火が通ったら、ターキーを取り出し、30分程度室温に置く。

普通は肉の中に温度計を刺して温度を確認するのですが、うちにはないので、中のジャガイモや玉ねぎが食べられるくらいになっているかどうかで判断しました。

焼き時間は4-5時間程度になりました。

13.グレイビーソースを作る

<グレイビーソース(Gravy Sauce)>
  • ターキーを焼いた後の肉汁 全部
  • ターキーの内臓でとったスープストック 0.5カップくらい
  • ピックル液の残り 味をみながら適量(一度沸騰させる)
  • レモン汁 適量
  • 小麦粉 1 カップくらい

肉汁とスープストックを合わせて、レモン汁を入れて……ピックル液がおいしかったので沸騰させて味をみながら加えました。最後に水溶き小麦粉を加えて終わり。

14.お皿に移して食卓に。ナイフで切り分け、グレイビーソースをかけていただく。

半日がかりの仕事でしたが、最後は無事に食卓に上る事ができました。

薄めたピックル液と野菜をコトコト煮て、そこにもターキーのスープストックと肉汁を0.5カップ程入れると、おいしいスープができました。

あとはサラダや、主人と子供達が買ってきてくれたパンを食卓に並べ、食べ物に感謝しながら、いただきました。

……といっても、予想通り5人で半分も食べきれませんでしたがw

明日の朝はターキーのサンドウィッチになりそうです。

ターキー

※参考にしたサイトはこちら ↓

Roast Turkey レシピ 1Turkey Recipe 6

Roast Turkey レシピ 2

 

Roast Turkey レシピ 4

Roast Turkey レシピ 5

本格ジューシーローストターキー(七面鳥の丸焼き)の作り方

サンクスギビング ローストターキーの焼き方