BFG


映画観賞会第2弾。今回、読み終えたお話しは、 ”BFG(ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)” です。

これを記念して、〇月✖日にBFGの映画観賞会を行います。

みんなパジャマ姿etc.ラフな服装で観に来てください。

勿論、兄弟・家族みんな大歓迎です。

前回(こちら)同様、長女(6歳)の通う、キンダーガーテンの担任の先生からメールが届き、子供達と小学校の映画観賞会に参加してきました。

教室には、前回と同じように綺麗に飾りつけがされており、ポップコーンやピザ、飲み物などを自由にとれるように配置されていました。

子供達のほとんどはパジャマ姿で、列の前の方に寝袋やブランケットを敷き、おしゃべりをしながら上演を待っています。

担任の先生の挨拶が始まりました。

「みんな、今回もよくお話を聞いていましたね。今日は、みんなで読んだ、BFGの映画をみますよ。

映画の後には、特別なプレゼントがあるから、お楽しみに♪」

 

「特別なプレゼントって何かな?」

と、子供達がざわついたところで、映画が始まりました。

 

今回は、BFG(Big Friendly Giant)というお話。

優しい巨人(BFG)と少女(ソフィー)の、ちょっと切なく、心温まる物語です。

BFGの普段の仕事は、「夢の国で様々な夢を捕まえ、調合し、それを寝ている人間に吹き込んで夢を見せる」というものです。

捕まえた夢たちは、それぞれ小瓶に入れられ、ラベリングされていきます。

夢の小瓶
▲ 捕まえた夢たち

この「夢」を使って、BFGとソフィーは、人間を食べてしまう悪い巨人達から、人間を守ろうと画策・奮闘していくのですが……

 

話の内容は、ちょっと怖いシーンも多くて、次男(3歳)は「怖いからもう見たくない」と、半べそになっていました。

 

映画が終わり、「怖かったけど、よかったねー。」と子供達が話していると、先生からプレゼントのアナウンスが。

「今から、映画に出てきた ”夢の小瓶” をみんなに配りますよ。名前を呼んだら、先生の所にきてね。」

と言って、参加している生徒達の名前を呼んで、綺麗な色水とラメの入った小瓶を渡していきました。

それぞれの小瓶には、映画にでてきた小瓶と同じように、子供達の名前が書かれています。

長女の名前も呼ばれ、黄色の小瓶をもらいました。

夢の小瓶
夢の小瓶

夢の小瓶を振ると、ラメが動いて、キラキラ光ります。

子供達はみんな嬉しそうに振りながら、お互いの夢の小瓶を見せ合っていました。

 

今夜は、みんなどんな夢を見ることになるのでしょうか?

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村