プールパーティー

アメリカでは6月中旬から夏休みに入りましたが、休みの間も子供達が交流できるようにと、長女(6歳)のクラスメイトが、クラス全員をプールパーティーに招待してくれました。

 

パーティーは、自宅の庭にあるプールで開催されるとの事。

長女は「もちろん参加!」と興奮しています。

兄弟姉妹の参加も可能で人数制限もなかったので、私達は家族5人で参加と返事をしました。

 

さて当日、車でホストの家に向かうと、エントランスを入った路上に既に何台か車が駐車されています。

私達もそのあたりに車を停め、家の隣にある裏庭に通じる門から中に入りました。

裏庭は2段階構成になっていて、母屋のすぐ裏にバーベキュー会場がセッティングされており、その先の階段を上がると、プールと、プール用と思われる小屋(中にはソファーやテレビなど、リビング風の家具一式)がありました。

プールにはたくさんの遊具が浮かんでおり、滑り台も設置されています。

先に到着した友達は、バシャバシャ泳いだり、浮き遊具のロデオにまたがったり、サメの口の中でゴロゴロしたり、ボールを次々と浮きバスケットゴールの中に投げ込んだりと、思い思いに遊んでいました。

プール

私の子供達も、興奮して、上に羽織っていた服を急いで脱ぎ捨て、それぞれプールに飛び込みました。

 

が……

 

プールは私達が考えていた以上に深かったようです。

子供達は足が届かず、手足をバタバタさせて完全に溺れ始めました。

 

目の前で自分の子供達が藻掻きながら沈んでいく姿をみて、私はあわてて服のままプールに飛び込み、子供達を救出しました。

飛び込むと、プールは私でも首くらいまで水面が来るくらいの深さです。

 

自宅のプールといえば、ビニールプールでパシャパシャ遊ぶイメージしかなかった私は、あまりのプールの深さに驚きました。

後から聞くと、奥の方は3メートル以上の深さになっているという事でした。

この家のプールが特殊なのではなく、一般的な家庭のプールは大体それくらいの深さまであるそうです。

奥の深い所は大人が頭から飛び込んでも大丈夫なくらいの深さにセッティングされているという事でした。

 

なるほど……自宅プールというものは子供がパシャパシャ楽しむためじゃなく、大人が飛び込んだりして楽しむ事を想定して作られているのか……

うーむ、完全に想定外でした。

 

子供達は、ホストから全員フローターを貸してもらいました。

長男(9歳)は、しばらく水泳スクールに通っていたので泳ぎのコツを思い出し、フローターをつけたまま楽しく泳ぎだしました。

 

長女(6歳)は、フローターを前後逆につけていたので、水に入った途端にひっくりかえり、浮いているのに顔を水の上にあげられない状態となって溺れ、私はまた服のまま飛び込んで彼女を救出しました。

彼女は数分の間に2回溺れた事がトラウマとなり、「もう帰りたい。」と言って、一切水に入ろうとしなくなりました。

長女の友達が寄ってきて、「一緒に遊ぼう。」と誘ったり、水鉄砲ならぬ水マシンガンで水をかけたりしてくれましたが、彼女は全く見向きもしません。

 

次男(3歳)は、しばらく浮きボートに乗って楽しんでいましたが、ボートがひっくり返って、これまた溺れ、私は3度目の飛び込みとなりました。

彼も2度溺れた事で、「もう水に入りたくない。」と言って、プールサイドにあがってしまいました。

私達は、2人に浅瀬で遊ぶよう説得を試みましたが、彼らは頑として水に入ろうとしません。

 

友達の親達は、自分達も水着を来て、子供達と水遊びを楽しんでいましたが、ビニールプール並みのプールしか想像していなかった私達は、大人用の水着を用意していませんでした。

服のまま3回もプールに飛び込んだ私は、濡れたジーンズを乾かしながら、浅瀬で足を水につけて、「足をつけるだけでも気持ちいいよー。」と言いながら、なんとか下2人をプールに誘おうとしていました。

 

しばらくすると、ホストの夫婦がやってきて、「どう、楽しんでる?」と話しかけてきました。

私が事のいきさつを話すと、お父さんの方が「僕の海水パンツが余っているから、貸してあげるよ。」といって、夫に、男性用の水着を貸してくれました。

夫が水着に着替えてプールに入ると、子供達も「お父さんが一緒なら…」と言って、そろそろとプールに近づいていました。

それから水に足をつけ、階段の1段目、2段目……と、徐々に深い位置まで活動範囲を広げていきました。

 

「このまま帰る羽目にならずにすんでよかった……」
と、安堵したところで、昼食ができたと声がかけられました。

皆はプールから上がり、隣バーベキュー会場で昼食をとりました。

ホスト夫婦は、食事、デザート、おやつなどたくさんの食べ物を用意してくれており、とても食べきれない量でした。

 

ひとしきり食べると、子供達は用意されていた水風船を壁にぶつけて遊んだり、またプールに飛び込んでボール遊びやシューティングを再開させたりしました。

下2人も、今度はプールに入って、階段の3段目、4段目くらいまでの深さまで水につかる事ができ、やっと表情が晴れてきました。

 

帰る時間になっても、3人は「まだ遊びたい」とごねていましたが、次の休日はプールに連れていくと約束すると、帰り支度に同意してくれました。

私の服はある程度乾いていましたが、ジーンズはまだ濡れていたので、車の座席にバスタオルを敷いてシートに座りました。

 

「自宅プール、恐るべし……」と思いながら、車のエンジンをかけました。

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村