本

以前、子供達の突然の執筆活動について紹介(こちら)しましたが、その後の活動について紹介します。

長女(6歳)は、その後断続的に絵本(それぞれ10ページほど)を作り続け、その数は10冊程になりました。

いずれも、絵本好きの次男(3歳)のために作製されたもので、次男自身の話だったり、クリスマスなどのイベントの話だったり、動物の話だったり、様々です。

次男はとても喜び、デイケアに持っていって、先生や友達に紹介していました。(デイケアでは ”Show and Tell" という時間があり、子供達はそれぞれ自分の好きな物を持ってきて、みんなの前で説明しています。)

また、家でも、市販の絵本数冊と一緒に「読んで―。」と言って持ってくるようになりました。

次男にとっては、市販の絵本達と同じように見えているようです。

 

長男(8歳)の方は、もう一冊漫画を描き上げました。

タイトルは "My pencil was broken"

前作の "Andy lost his tooth" とちょっと内容がかぶっているように感じましたが……まあ、いっか。

長男の漫画作りは2作目でとどまり、その後はクロスワード作り、小説に再挑戦(2ページ目で停滞中)等、若干迷走気味ではありますが、何かしら挑戦しています。

自作クロスワード-1
▲ 長男作のクロスワードの一部

そのうち大作が誕生する?……かもしれません。

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村