突然の執筆活動

休日、ダイニングテーブルを囲み、兄弟3人で公文の宿題を解いていた時の事。

国語で「老人と海」の問題を読んでいた長男(8歳)が、突然、

「僕、海を題材にした小説が書けると思う!今から書くから、出来上がったら出版してね。」

と言い出しました。

そして宿題を途中で切り上げ、プリンターから白紙のプリントを数枚取り出し、何やら文章を書き始めました。

しばらく書いていましたが……

1ページ目で挫折 (^^;)。

 

今度は、横で見ていた長女(5歳)が、

「私も絵本が書けると思う!」

と言い出し、同じく白紙のプリントにマーカーで何やら描き始めました。

しばらくして2ページの絵本が完成しました。

picture-book-1picture-book-2

翌日、長男が「僕、漫画だったら完成できると思う。」と言って、またまた制作活動を開始しました。

今度は13ページの漫画が完成しました。

漫画-1 漫画-2
漫画-3
漫画-4 漫画-5 漫画-6
漫画-7

突然の執筆活動でした。

「出版して。」と頼まれましたが、出版社に持ち込む勇気はないので、個人出版(Open Access)としてここにUPすることにしました。

 

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村