新学期

アメリカの小学校では、9月第1月曜日Labor Dayの翌日から新学期が始まりました。

長女(6歳)は1st Grade、長男(9歳)は4th Gradeにそれぞれ進級しました。

 

初日の朝、長男は「学校に行きたくない...」と沈んでいました。

新しいクラスメートとうまく話せるか自信がないようです。

でもまあ、毎朝泣きながら「行きたくない」と訴えていた去年の今頃に比べると、だいぶ頑張っているように思います。

 

長男「Paavoと同じクラスだったらいいんだけどな……。」

 

Paavo君は長男のクラスで一番仲の良い男の子です。

話に聞く限りでは算数が抜きんでていて、ピアノも上手で……長男の自慢の友達で、Paavo君と一緒にいる時が一番楽しいといつも行っていました。

「一緒のクラスだったらいいねー。」

 

と言いながら、子供達を学校まで送り、私たち夫婦は職場へ向かいました。

 

 

夕方、長男の事が少し心配だった私たちは、早めにアフタースクールに迎えに行きました。

小学校に着くと、2人とも校庭で、友達と楽しそうに遊んでいます。

案ずるより産むが易し……と思いながら子供達に手を振り、皆で車に乗り込みました。

 

「新しいクラスはどうだった?」

長女「うん、離れた人達も多かったけど、また同じクラスになった人もいたよ。先生も優しくて楽しかったよ。」

「それは良かったね。で、長男君はPaavoとは同じクラスだったの?それとも違うクラスだった?」

長男「あー、それね。Paavoはどのクラスにもいなかったよ。」

 

……え?どういうこと?

 

「転校してたってこと?」

長男「Paavoは5th Gradeになってたよ。4th Gradeはしないんだって。だから今日は一度も会えなかったよ。
この小学校は5th Gradeで終わりだから来年はMiddle Schoolに行くだろうし、もう無理だね。」

 

なんと……彼は飛び級していたのでした。

となると、長男も飛び級しない限り、今後も同じクラスになる可能性はないって事かー。

 

彼にとっては、若干、暗雲立ち込める新学期となったようです。。。