全員クビ

COVID19対策で、3月から大学が閉鎖。

6月からは20%の収容人数を許可(Phase I)。

7月からは50%の収容人数を許可(Phase II)。

 

という感じで、今はラボのメンバーを2つのチームに分けて、交代で出勤する、ということになっています。

実験は行えるようになったのですが、週に3日しかラボにこられないので、以前程には進みません。

 

みんなのデータがなかなかスローペースなので、

PIはご立腹の様子。

 

先日のミーティングで、

ラボマネージャーがチームの交代時間の修正を提案し、議論になった時は、

「そんなのもっと柔軟に対応したらいいんだ。

大学の決まりを守っているせいで、

みんな全然Productiveじゃなくなってるでしょ!

みんなできるだけラボに来てデータを出さないと!

このままみんながデータを出せなかったら、

私は研究資金を獲得できないし、

みんなは全員クビだ!」

と叫んでいました。

 

ラボマネージャー2は、

「みんなの健康を危険に晒すくらいなら、

私はクビにされてもいい!」

と反論していましたが、

オンライン上の喧嘩は聞いててとても疲れます。

 

いやはやしかし、

「この隔離政策下でデータが遅いからクビとか叫ばれるって、どこまでブラックな職場やねん。

普通、社長は『従業員の健康が第一』とか言うべきなんじゃ…」

とツッコミたくなりましたが、

何を発言しても逆上されるので、沈黙あるのみ。

 

ラボの時計も、エジソンの工場の時計のように、いつか針を外されるかも?

 

とにかくデータを出さねば…