個人ミーティング
断書

本記事は、少し前、私の身近な人が他界する前後に書き溜めていたものです。

遺族の許可を得て投稿しておりますが、ここに書かれていることはすべて私の主観を元に書かれており、事実と異なる可能性もある点をご了承ください。

 

以前、PIと夫と私の3人で久しぶりにミーティングを行った話を投稿しましたが、

この話には別の背景がありました。

当時は内輪の出来事を勝手に外に発信してはいけないと思って控えていましたが、その後奥さんより掲載の許可を頂いたので、今回その背景を交えて記載させていただきます。

 



 

その時、入院中のCo-PIは容態が芳しくなく、彼の奥さんであるPIは、彼の看病で1ヶ月以上ラボに来られず、オンライン・ミーティングにも参加出来ない状態でした。

一時期は応答も悪くなったと聞いていましたが、彼の容態が少し落ち着いたので、その間に時間を作って、PIは数日毎に数時間程ラボを訪れ、ラボ内の様子や皆の進捗状況などを確認するために、スタッフや何人かのポスドク達とミーティングを設定していました。

彼女がラボに来られるかどうかは、旦那さんの容態次第なので、私達のミーティングも、数日前に秘書さんから「PIが○○日の△△の時間帯のどれかに会いたいといっている」と急遽セッティングされました。

 

私達は、現在の大変な状況下でわざわざラボに来てくれるPIに感謝し、10分前から部屋で待機していました。

PIがラボに到着する時間は確定せず、15分間の時間帯のいずれか、という事でしたが、彼女はその指定した時間帯に現れました。

PIは、いつものミーティングの時と同じように、笑顔でドアを開けて入ってきました。

席につくと、彼女はいつもどおりの笑顔を保ったまま、最初に

「彼も本当は来たがってたはずなんだけど、ここに来られなくてごめんなさいね。」

と謝罪の言葉を述べ、席につきました。

 

私達は、旦那さんの容態を尋ねました。

彼女は笑顔のまま彼の現状を説明し、そして言いました。

「あなた達はドクターだから、彼の現状と今後が想像できるんでしょう?」

 

私達は頷きました。

彼の年齢や基礎疾患、PIから聞かされた現状などを総合すると、現在一時的に安定していたとしても、この先、彼が回復する見込みはかなり薄そうに思われました。

 

彼女は続けました。

「最近は、彼の治療とQOLのどちらを優先するかについて考えるようになってる。
今は熱も下がって安定してるけど、1週間後はどうかわからない。
このまま治療を続けていいのか、それとも彼のQOLを尊重すべきか……。

でも、こっちの言うことは分かるみたい。
今日も病院を出る前、これからあなた達に会うよって伝えたら、嬉しそうに頷いてくれたから。」

彼女はそこで言葉に詰まり、涙がこぼれないように上を見上げました。

私は、なんと声をかけたらよいかわかりませんでした。

 

「さ、ミーティングを始めましょ。
プロジェクトの進捗状況とか、相談したいこととか、何でも話していいし、特になければただお喋りしてもいいし。」

 

PIの言葉を受けて、私達はプロジェクトの進捗状況等を話し始めました。

今回、この機会に特に話したかった事の一つは帰国時期の事で、

本来の契約は今年の6月までなのですが、夫も私も現在進行中のプロジェクト達の目処をその期限までにつける事が難しそうなので、契約を今年の9月までに延ばしてもらうようお願いしました。

 

PIは、

「もちろん!あなた達はとても productive だから、こちらとしてはもっと長く居てほしいくらいよ。
日本に戻っても、二人とも成功するって、確信しているわ。」

と、二つ返事でOKしてくれました。

 

また、彼女は私達が二人ともテクニシャンなしで働いている事を気にかけてくれて、

「誰か学生さんとか手伝ってもらえる人はいないかしら?
それか、Sのテクニシャンをあなたにつけるよう私から指示するわ。Sは much less productive!それに彼の英語は terrible で論文の原稿も全然まともに書けないから、できるだけ早く辞めてもらう。」

などと、相変わらずシビアで歯に衣着せぬ物言いながら、私達の仕事のサポートをしてくれる人を何とか考えてくれているようでした。

 

PIは言いました。

「あなた達は本当に素晴らしい。
夫婦で同じラボにいるのに、お互い compete したりしないで、常に協力しあってやっているでしょう?
なかなか簡単な事ではないわ。
あなた達の関係は、私とCo-PIの関係とそっくりよ。」

 

そして彼女は、夫の方を向いて話し始めました。

「あなたに伝えたい事があるの。

あなたも素晴らしいけど、あなたの奥さんは fabulous!
彼女はアメリカで研究を続ければ絶対に成功するわ。

でも私は、日本で女性が活躍するにはまだいくつものバリアがあると思ってる。」

 

彼女は続けました。

「80年代の頃の私がそうだった。

あの頃は、女性が社会で活躍するのはまだ難しくて、私は何をしたらいいかわからなかった。
だから一度製薬企業で働いてもみたんだけど、それは私のしたいことじゃなかった。

その時、Co-PIは既に自分のラボを持っていて、私も彼と同じ大学で働けるよう、上に働きかけてくれたの。
で、上からグラントを獲ったらポジションをくれると言われて、私は2つグラントを獲って、やっとCo-PIと同じ所でfacultyとして働き始める事ができた。

それから後も、彼はずっと私を応援してくれて、『君ならできる』と、毎日のように励まし続けてくれた。
そして、彼の専門と私の専門を融合してできる一番大きな事は何か話し合って、今のような研究を始める事にしたの。

彼がいなければ、今の私はなかった。」

 

彼女は、旦那さんの話に触れるたびに何度も言葉に詰まり、目に涙を貯めていました。

私は、彼女の心中を察して大変辛い気持ちでした。

 



 

彼女が公私ともに旦那さんを頼り切っていたのは、誰の目にも明らかでした。

彼女がミーティング中に最も多く罵声を浴びせるは旦那さんで、

彼が発表者にとぼけた質問をすると、私達が気まずい気持ちになる中、彼女だけは "Where are you going!?" などと言ってキツイ口調で突っ込んでいました。

以前は "Get out of here!" と言って、ミーティングルームから彼を追い出した事もあったそうです。

普通の旦那さんなら、部下の前で奥さんにここまで罵られる事に耐えられず、夫婦関係は破綻してしまうと思います。

けれどもCo-PIは、その罵声を柳のように交わしながら、常に笑顔で受け止めていました。

そして彼が全て受け止めてくれるとわかっていたからこそ、PIも安心して彼に罵声を浴びせ続けられていたように、私達の目には写りました。

 

二人は昼食もいつも一緒にとり、ラボに来るのも帰るのも常に一緒で、自宅の仕事部屋も同じ部屋にしていました。

この事について、彼女はある雑誌のインタビューで

「だって、1分1秒でも長く彼と一緒にいたいから。」

と答えていました。

 

一方でCo-PIの方もPIを常に尊重し、何か相談事をしても「PIはなんて言ってる?」と尋ね、どんな些細な決断もPIを介して行っていました。

彼は以前、PIについて「とても美しくて、子供好きで、チャーミングな女性」と形容していて、

「彼女は口調がキツいから喧嘩していると誤解される事もあるんだけど、香港ではみんなそんな話し方らしいんだ。
僕は、他の国の人達にとってはキツくきこえるから、もうちょっとマイルドに話すよう勧めてるんだけどね。」

と、笑いながら話してくれました。

 



 

彼女は、自分と旦那さんがこれまで歩んできた道のりを、時に目を細めながら、ときに声に詰まりながら話し続け、それから夫の目を真っ直ぐに見て言いました。

「だからあなたにも、日本で彼女をしっかりとサポートしてほしいの。
あなたが先にいいポジションを get したら、絶対彼女を推薦して。」

夫は、私の隣で力強く頷きました。

 

私は、いつもならそのような彼女の賛辞に "That means a lot coming from you." などと返していましたが、

今回はそんな言葉を使うのもおこがましく感じ、ただ「ありがとう」と言うので精一杯でした。

 

―― 旦那さんがいなくなってしまったら、この気が強い小柄な女性はどうなってしまうのか。

そう思いながら、私は彼女を見つめていました。

 

 

セッティングされていたミーティング時間ギリギリまで、彼女は話し続けました。

そして、「もうこんな時間。行かなくちゃ。」と言って、自分と私の分のティッシュをとってきて涙を拭くと、部屋に入ってきた時と同じ笑顔で立ち去っていきました。

 

 

……その日は、二人ともよく眠れませんでした。

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ