親子

子どもは親の気持ちを敏感に察知するもの。。。

ワシントン大学のWatersらのグループは、

7歳から10歳までの子供とその親(N = 214, N = 214; Ndyads = 107; 47% fathers) を対象に、

親がストレスを隠す事がどれくらい子供に影響を与えるか、調べた。

親のストレスは子供に伝わる

107人の親達のうち父親47%、母親53%。

親達はまず別室でストレスのかかるタスク(みんなの前で発表etc.)をしてもらい、

身体的なストレス反応をモニターした。

次に、子供達と対面してもらい、

その事を話すよう指示し、

そのうち半数はその時の感情を隠すよう指示された。

会話の様子はダブルブラインドで第3者がモニターした。  

 

結果、ストレスを隠した親とその子供との会話は、

あまり温かみがなく、お互いの干渉が少なかった。

親が、自分の気持ちを悟られないように子どもとの関わりを避けようとするのは分かるが、

子供はそのような親の気持ちを瞬時に察知し、

自らの行動・態度を変化させて親に合わせる様子がみてとられた。

気持ちを隠して「大丈夫だよ。」と話しても、

子供を安心させることはできないようだ。  

 

父親の場合と母親の場合とで、子供の反応は違った。

母親のコントロールグループは、子供にストレスを伝播させなかった。

 

しかし、ストレスを隠すよう指示された母親のグループでは、

子供達は、身体的にも外面上でもより強いストレスサインを発していた。

 

これは、普段から父親は母親と比べて自分のストレスを子供に隠す傾向にあるからではないかと考えられた。

 

つまり、子供達は父親が「It's OK。」と言っても実際には大丈夫じゃない事を経験上知っているんじゃないか、

けれども、母親の方はあまりそういう事をしないので、母親がストレスを隠して接してくると大きく反応してしまうんじゃないか、という事だった。  

My View

うーん、ちょっと心当たりが……

うちの子供達は丁度7歳と9歳。

親の気持ちを察知しているなー、と感じる事はよくあります。

……色々気を付けよう……。

References

  1. Sara F. Waters, Helena Rose Karnilowicz, Tessa V. West, Wendy Berry Mendes. Keep it to yourself? Parent emotion suppression influences physiological linkage and interaction behavior.. Journal of Family Psychology, 2020; doi: 10.1037/fam0000664
  2. Washington State University. "Everything is not fine: Kids can tell when parents suppress their stress." ScienceDaily. ScienceDaily, 23 April 2020. <www.sciencedaily.com/releases/2020/04/200423154211.htm>
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村