雑貨店1

先月、自宅リビングのソファーの隣の一角で、長女(7歳)が小さな雑貨店をオープンしました。

 

お店は、納戸から取り出してきたアイロン台、ソファーのクッション等で構築されており、壁には「OPEN」の看板が掲げられています。

アイロン台の上には、彼女の作った手作りの絵画、折り紙作品や小物等が売られていました。

 

開店日は不定期で、開店時にはオーナーが

「◯◯のお店、オープンだよ。」

と家族にアナウンスがあります。

 

買い物に行くと、

売り物達の前に、それぞれの名前と値段(¢1, ¢2 etc.)が書かれた値札がつけられていました。

 

お釣りとレシートも用意され、

お客さんが買うたびに、レシートを発行してくれます。

雑貨店2

「僕お金ないんだけど…」

と次男(5歳)が言うと、長女は自分の財布から数セント取り出して、

「これで買うといいよ。」

と次男に渡していました。

 

売上は、その日のうちに家族に分配され、

「また買いに来てね。」

と言われました。

 

 

このお店、掃除の時にちょっと邪魔なのですが、

建物を崩すと怒られるので、

いつもお店を迂回して掃除機をかけています。

 

 

今後もしばらくの間、経営は続くようです。