me

子供たちがもっと小さかった頃、朝起きると自分ではベッドから出ずに、

「○○ちゃんが起きたよー」

と、ベッドの中から自分が起きたことを大声で知らせてきていました。

 

そしてベッドの縁に腰掛けて、私が迎えに来るのを待っていました。

 

私は、朝ごはんやお弁当の準備などをしながら、

「そのまま自分で起きてきてもいいのになー」

などとと思っていましたが、子供たちがニコニコしながら待っているので、特に何も指摘せず、

「おはよう!今日もかわいいね。」

と迎えにいっていました。

 

彼らの笑顔は、

「お母さんは絶対にきてハグしてくれる」

という、確信めいた期待感で溢れており、

逆に言うと、

「僕/私は、ちゃんと愛されているって思っているよ。忘れないでね。」

と、毎日私に伝えてくれているようにも感じました。

 

 

最近は、みんな自分で起きてきて「おはよう」とダイニングやリビングで挨拶を交わすようになりましたが、

そうなってくると、以前、ベッドの中で私が来るのを待っていた頃が懐かしく感じられます。

 

 

 

そんなある日、

私が書斎でPC作業をしていると、特にすることがなくなった次男(6歳)が、トコトコと書斎にやってきました。

そして私の隣に立ち、

「次男くんががきたよー。」

と声をかけてきました。

 

振り向くと、そこには、以前ベッドの中から私に見せていた、期待に満ちた笑顔がありました。

彼の笑顔からは、「『仕事の邪魔をしないで』と言われるかも」という考えは露ほどもなく、

ただ、「僕がきて嬉しいでしょ?」と言っているように感じました。

 

 

 

「わあ、次男くんがきたの。何して遊ぶ?」

と言いながら、私はPC画面をロックして彼を抱き上げました。

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ