halloween-3

毎年子供達の騒ぎ声で賑やかなハロウィン。

COVID2019の自宅謹慎は若干緩やかになったものの、

このようなイベント系は自粛するべきかどうか、

ずっと迷っていました。

 

近所の飾りを見ても、

装飾度合いがかなりトーンダウンしていて、

半分くらいの家はハロウィンの飾り付けを自粛していました。

 

「今年のハロウィンはどうなるのかなー」

と言いながら、

子供達は10月31日のハロウィン当日を迎えました。

halloween-5
▲ 長女が作ってくれたコウモリのオーナメント。机に飾ってくれました。

 

子供の声が聞こえ始める、夕方5時過ぎ頃…静かです。

 

でも、次男(5歳)は毎年ハロウィンを楽しみにしており、

今年もコスチュームを来て玄関にスタンバっていました。

 

「まあ、散歩するつもりで外を歩いてみようか。」

と言いながら、

  • 長男(10歳):Fortniteにでてくるゾンビ?骸骨?
  • 次男(5歳):いつもの狼

の格好をして、カボチャのバケツをもって外にでました。

(今回、長女(7歳)は、「COVID19が怖いから。」と言って、参加しませんでした。)

 

外を歩き始めると、

やっぱり半分くらいの家は静まっていましたが、

残り半分くらいは、

今まで通り、玄関の前に座って子供達を待ってくれていました。

 

 

…いえ、「今まで通り」ではありませんでした。

 

まだまだSocial Distanceが必要な状態なので、

各自、お菓子の渡し方をかなり工夫してくれていました。

 

一番多かったのは、

入り口から玄関までの短い階段の手すりを利用して、

手作りのシューターを作っている家。

ハロウィン2020-2

halloween-4

 

他にも、

歩道にテーブルを用意してお菓子を置いていてくれたり、

halloween-1

ラクロスのクロスを使って渡してくれたり、

手作りの滑車式トラックで運んでくれたりと、

みなさんの創意工夫にただただ感謝です。

 

あたりはだいぶ寒くなってきましたが、

近所の方々の温かさを再認識した、

2020年、COVID19最中のハロウィンでした。

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村