Excel

例えば、下記のようなデータがあった場合

excel ifs 1

条件が1つの場合:IF構文

条件付きの個数を求める:COUNTIF

=COUNTIF(参照範囲,"条件")

eg. Genotype (B) が "CC", "CT", "TT" とあるデータの中から、"CT"は何個あるか求める場合 ▼

=COUNTIF(B:B,"CT")
excel ifs 2

条件付きの平均を求める:AVERAGEIF

=AVERAGEIF(参照範囲,"条件",平均値を求めたい範囲)

eg. Genotype (B) が "CC", "CT", "TT" となっているデータが "CT" である群の、Stage (C) の平均値を求める場合 ▼

=AVERAGEIF(B:B,"CT",C:C)
excel ifs 3

条件付きの標準偏差(SD)を求める:STDEV + IF の組み合わせ

STDEVにはcountif, averageifのような構文はないので、STDEVとIF構文を組み合わせて使う。

=STDEV(IF(参照範囲="条件",平均値を求めたい部分のデータ,""))

eg. Genotype (B) が "CC", "CT", "TT" となっているデータが "CT" である群の、Stage (C) の標準偏差(SD)を求める場合 ▼

=STDEV(IF(B:B="CT",C:C,""))
……そして、Cont+Shift+Enter

条件付きの標準誤差(SEM)を求める:標準偏差/COUNTIFの平方根

SEMは、「SD÷標本の個数の平方根」だから、「STDEV+IFで求めたSD」を、「√COUNTIF」で割ればいい。

平方根は、

=SQRT(範囲)

で求めることができるので、eg. の場合は、

=E4/SQRT(E2))

で求める事ができる。

excel ifs 4

最初から求めたかったら、

=STDEV(IF(B:B="CT",C:C))/(SQRT(COUNTIF(B:B,"CT")))
excel ifs 5

条件が2つ以上の場合:IFS構文

複数の条件付きの個数を求める:COUNTIFS

=COUNTIFS(参照範囲1,"条件1",参照範囲2,"条件2")

eg. Sex (A) が "M" で、Genotype (B) が "CT" であるデータは何個あるか求める場合 ▼

=COUNTIFS(A:A,"M",B:B,"CT")
excel ifs 6

条件付きの平均を求める:AVERAGEIFS

AVERAGEIFSの場合は、平均値を求めたい範囲を先に指定するのがポイント。

=AVERAGEIF(平均値を求めたい範囲,参照範囲1,"条件1",参照範囲2,"条件2")

eg. Sex (A) が "M" で、Genotype (B) が "CT" である群の、Stage (C) の平均を求める場合 ▼

=AVERAGEIFS(C:C,A:A,"M",B:B,"CT")
excel ifs 7

 

 

……ちょっと疲れたので、今日はここまで。