Excel

データの中に、一つだけ他のデータとかけ離れている値がある場合、それを外れ値として棄却するべきかどうか、検定する方法。

スミルノフ・グラブス棄却検定

  • 帰無仮説:この値は外れ値ではない
  • 対立仮説:この値は外れ値である

1. 検定統計量Tを求める

スミルノフ・グラブス棄却検定

エクセルの場合、

eg. A1:A10の中にあるデータ中、A5の値が外れ値かどうか検証したい場合

作業セル:= (A5-(average(A1:A10))/SQRT(STDEV(A1:A10)))

 

2. 有意水準αを決め、棄却検定表のデータ数nのときの値kを得る

Smirnov-Grubbsの棄却検定表

3. T > kで帰無仮説を棄却し、対立仮説を採用。つまり、有意水準αで、かけ離れた値は外れ値として棄却される。

 

 

…私は外れ値を外すのはあまり好きじゃないので、ほとんど使う事はないですが、

先日、

「この値は外れ値じゃないの?」

と指摘されたので、数年ぶりに使いました。

 

上記法で確認すると、確かに外れ値なんですが、

データ自体はホントっぽいし、結構ばらつきが多い事が特徴的な群だったので、

理由を説明して解析に加えました。

 

次に使う日は…いつかくるかな?

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村