excel-logo

マウス(動物の方)の管理をExcelで行っているけど、私は基本マウス(PCの方)操作が嫌いなので、キーボードのショートカットを多用している。

前回は相対参照⇔絶対参照のショートカットキー「F4」を書き留めたので、今回は次によく使う「オートフィル」と、その他よく使うショートカットキーについて書いておく。

オートフィル(AutoFill)とは

ある上下のセルに数値を入れ、そのセルを選択して右下にカーソルを合わせて左クリックすると、その部分に「+」印がでてくる。

shortcut-2

そのままマウスやトラックボールでドラッグすると、エクセルがパターンを計算してくれて、下のセルを連番にしてくれる。

shortcut-3

右下に出てきたマークをクリックすると、パターンを自分で指定することができる。

shortcut-4

オートフィル etc. のショートカット

ショートカットというほどの操作ではないが、私は下記のように仔マウスが生まれた場合、

shortcut-1
  • 行挿入
  • ハイライトの削除
  • オートフィル(連番)
  • オートフィル(コピペ)
  • ボーダーライン

などの一連の作業をすべてキーボードで完結させている。

最初はマウス操作の方がやりやすいと思うかもだけど、慣れてくるとこっちの方が早い。

行挿入/行削除

下記マウスペアにn=7の仔マウスが生まれた。

shortcut-5

まずは、オスマウスの上に7行挿入する。

「Shift+右(F13+F)」「Shift+下(F13+J)」でセルを選択し、「Shift+F10」「I」で行挿入画面を出し、

shortcut-7

「D」でセルを下にシフト。

shortcut-8

ちなみに行(セル/列)削除は「Ctrl+ - (マイナス)」→削除方法を選択。

shortcut-6

ハイライトを変更

そのままだと上のハイライト部分が反映されるので、選択したままの状態で、

「Alt → H → H → N」でハイライトを削除。

shortcut-9

オートフィル(連番)

1番目の仔マウスの情報を入れる。

shortcut-13

で、IDは連番にしたいので、"pp01-55" のセルとその下の6個のセルを「Shift+下(F13+J)」で選択し、

shortcut-19

「Alt → H → FI → S」

shortcut-12

「Alt+F → Tab2回でOKに移動 → Enter」で連番のオートフィルにする。

shortcut-11

オートフィル(コピペ)

誕生日、母マウス、父マウス、月齢、coat color の情報は一緒なので、オートフィルでコピペする。

上記と同様にAXからBBまでを選択し、

shortcut-15

「Alt → H → FI → D」でコピペのオートフィルにする。

shortcut-14
shortcut-16

罫線の削除と下罫線の追加

その他よく使うのが、罫線の削除「Alt → H → B → N」と、下罫線の追加「Alt → H → B → O」

shortcut-16

行の選択と列の選択

もう一つよく使うのが、行の選択「Shift+Space」と、

shortcut-17

列の選択「Ctrl+Space」

shortcut-18

両方合わせたら全セル選択。

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ