通勤に時間がかかる

こちらに引っ越してきて、最もストレスに感じた事の一つが、「通勤時間」でした。

 

日本から現地の不動産屋さんに問い合わせたところ、「子供のいる家庭にはCenter City周辺はお勧めしません。」といわれ、治安・教育環境・職場へのアクセスの観点から、おすすめの物件を教えてもらいました。

フィラデルフィアは、現在急速にジェントリフィケーションが進んでいると言われるものの、中心街はまだ治安が悪いと考えられているようです。

現地に住んでいる日本人の方に話を伺うと、治安の良し悪しが警察のHPで公開されているそうで(こちら)、治安マップも教えてもらいました。

治安マップ
▲ 治安マップ(青で囲まれた部位が治安の良い地域)

Zillowというサイトで学校の評価を調べる(こちら)と、丁度、”治安良し” の地域にある小学校の点数が軒並み高くなっており、

  • 治安の良さ
  • 小学校の質
  • 白人の割合
  • 不動産の値段

などが綺麗に相関しているようでした。

 

おすすめ物件の一つから職場までの通勤時間をGoogle Mapで調べると、高速道路を使って20分以内。「許容範囲か。」と思ってそこに居を構える事にしました。

 

ところが……

 

実際に住んでみると、肝心の高速道路は、朝夕の通勤ラッシュに恐ろしく混む事が判明しました。

日本でGoogle Mapを調べた時間帯が、現地の通勤時間帯から外れていたことが盲点でした……orz

 

朝、子供達をデイケアとサマーキャンプ(7,8月は丁度夏休みでサマーキャンプを利用)に送り、そのまま職場へ向かう事、1時間半強。

夕方、デイケアとサマーキャンプへ子供達を迎えに行き、自宅まで帰る事、約2時間。

合計3時間半強を通勤時間に使い、職場の皆よりも遅く出勤し、早く帰宅する、という毎日……(ToT)

 

「でも、職場近くは子供に良くないしな……。」と思って諦めていましたが、しばらくして、同僚から、

  • 子供のいる研究者世帯のため、大学近くの一部の地域に大型の予算を費やし、教育環境を改善させた事。
  • 多くの家庭持ちのポスドク達はその地域に移り住み、通勤時間の短縮と子供に良質な教育を提供する事の両方を実現させている事。

を聞きました。

 

なんと! 職場近くでいいじゃん…Σ(°д°lll)

 

けれども、その頃には子供達は今のデイケアと小学校に慣れ、友達もできたので、また引越しをして悲しい思いをさせるわけにはいきません。

しかもオススメ地区とあって、自宅周辺の環境はとても良く、周囲の人達もとても優しく温かく接してくれています。

 

なるべく通勤ラッシュの時間帯を避け、通勤路を工夫して……今では通勤時間を片道1時間強ずつに短縮できました。

 

これからも、通勤、頑張ります。

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村