ブレイクスルー賞

ある日のセミナーの後、いつものようにPIが立ち上がり、ラボマネージャーに周知事項がないか尋ねました。

ラボマネージャーが「特にないよ。」と答えると、PIは、

「じゃあ、今日は私からお知らせが……」

と言って、皆の方を向きました。

 

「昨日、電話がかかってきて、ブレイクスルー賞を受賞したと言われました。

最初なんのことかわからなかったけど、賞金は300万ドルっていわれてびっくり。」

と、両手を挙げました。

 

周りの人達は歓声を上げて、口々に「凄い!おめでとう!」と拍手をしました。

 

ブレイクスルー賞(Breakthrough Prize)は、マーク・ザッカーバーグら企業トップ(アップル会長、Google共同創業者、Facebook創業者、23andMe創業者 etc...)の人達により最近創設された賞で、

の3部門からなります。

驚くべきはその金額、300万ドル(約3億2000万円)。

ノーベル賞(2019年時点で約1億3000万円)よりも高い……

しかも毎年数人ずつ受賞しているようで、やっぱりIT企業の人達はお金持ちだなー。

 

PIは続けて、

「物理学のほうは、この間ブラックホールを撮影した347人の人達が受賞したみたいだけど、それだけの人数で割らないといけないみたい。

でも、私は1人で受賞したからラッキー。」

と話し、皆の笑いを誘っていました。

 

それにしても、PIもCo-PIも、日本ではとっくに退職している年齢なのですが、

この間も数億円規模のグラントがあたったというアナウンスがあったし、

いつまでも勢いのある人達だなー、と感心します。

 

ここにいる間に秘訣を探っていきたいです。