データをじっくりみて

アメリカの新規感染者数は依然として数万人規模と、なかなか厳しい現状が続いています。

そんな中、ラボのミーティングはひたすらオンラインです。

 

以前、「全員クビ」と叫ばれていたグループミーティングですが、

ポスドク達が少しずつデータを出してきているので、

毎週2時間超えだった、以前の活気を取り戻しつつあります。

 

特に、あるポスドクだけで毎回30分以上ディスカッションすることになるのですが、先日は一人で1時間超えでした。

彼は、頑張ってたくさんデータを出してくるのですが、

かなりの確率でPIが声を荒げる事になります。

 

「あなたのデータは全て7dpi 以降、タンパクがデグラデーションしているでしょ。そんな40日後のデータをもってきてもそもそも信用できない!」

「ちょっと待って!もう一度さっきのデータに戻って。ここはどうなっているの?」

「それは、数ヶ月前にやって、結論が出たでしょ。いつまで同じ実験を繰り返すつもりなの!?」

 

PIはテンションがあがると語調がきつくなるので、

まるで一方的な喧嘩のようです。

 

彼も、

「今日は特別機嫌が悪かったな。」

とか、

「僕、今日はミーティング後に再起不能になっているかもしれないから、午後の約束はできないと思う。ははは。」

等と、よくジョークを飛ばしていますが、結構しんどいん事も多いんじゃないかと思います。

 

 

ただ、彼はめげることなくひたすらデータを出し、

PIも、そんな彼を買っているように思います。

 

 

そして、ミーティング中のPIの発言を聞いていると、

(時々変なことも言いますが、)

「とにかくデータをじっくりみて、じっくり考える」

ということを、徹底しているように感じます。

 

特に生化学のデータは、

「このデータからそこまで考えるのか。」

と、驚くことが多いです。

 

 

あの攻撃を自分に向けられると

今の精神状態ではとても耐えられませんが、

「絶対に学べることがある」

という気持ちを忘れずに、

最後の日まで大切に過ごしていきたいと思います。

A cautious person leaves no stones unturned.
— From an ancient Greek legend (originated in the mid 1500s)
賢者は全ての石をひっくり返して確認する。
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村