学校

「できた!できたよー!」

と言って、先日、長女(7歳)が書斎に飛び込んできました。

「何ができたの?」

と聞くと、

「Club House KYKの歌だよ。」

という返事。

 

…はて、Club House KYKとは何ぞや?

 

と、考えていると、長女と次男(5歳)は、手にした紙を見ながら、何やらアメリカ合衆国国歌のような歌を歌いだしました。

 

「Club House KYKって何なの?」

と聞くと、

「Learnする場所だよ。私が作ったんだよ。」

という返事。

 

詳細を聞くと、

Club House KYKとは、長女が先生となり、

  • English
  • Math
  • Art
  • PE

などの授業を行う施設とのこと。

 

生徒は、次男と長男(10歳)、そしてimaginary friendのモモンガとpythonとphoenix、の5人(いや、2人と3匹?)。

校歌が完成した後は、ホワイトボードと出席票と教材が用意され、

Club House KYKが開校しました。

 

 

大体、学校から帰ってきて、宿題に取り組む時間までの間に

Club House KYKの授業があります。

 

最初は、みんなで胸に手をあてて校歌を歌い、

その後出席の確認。

ホワイトボードを使って長女が授業を行います。

算数の授業
▲ 算数の授業で使用されたホワイトボード

 

一通りの授業が終わると、最後にまた校歌を歌って解散です。

 

次男とimaginary friendsはほぼ皆勤賞。

長男は、気が向いたときに授業に参加しています。

 

最近は宿題も出ているようで、

次男は

「僕、学校と公文と日本語学校とClub House KYKと4つも宿題があって忙しいんだよ。」

とボヤいていました。(確かに…)

 

 

 

最初は「学校ごっこ?」くらいに思っていましたが、

長女の授業の内容がどんどん充実してきて、

次男もちゃんとついていってあげているので、

今の所はうまくWorkしているようです。

 

彼らのClub House KYKが今後どのような進化を遂げていくのか、

楽しく傍観していようと思います。

 

 

 

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村