アイススケート

クリスマス・イブに屋外のアイススケートを経験してから、子供達はすっかりアイススケートにはまってしまいました。

休みの日の朝は、「スケートに行こう!」という言葉から始まります。

 

「じゃあ、行こうか。」

と、数日前に楽しんだスケートリンクに行く計画を立てましたが、その日は夫の体調が悪く、

「寒いからお父さんはお留守番してるよ。」

との事。

その日は、私と子供3人と、4人で電車にのってスケートリンクまで行くことにしました。

 

子供達はアパートのドアから出ると、わっと駅まで駆けだしました。が……10mほど走ったところで、次男(3歳)が

「疲れた~。抱っこ!」

と言い出し、数分後には私の腕の中でうとうとしだしました。

(……こうなるとは思っていたけど・・(^^;) )

 

次男は、スケートリンクについてからしばらくは起きていましたが、リンクでスケート靴に履き替え、私に抱きかかえられながら1周くらい滑っただけで、またうとうと眠り始めました。

仕方がないので、私は寝ている次男を抱きながらスケートリンクをおり、外から見ている事にしました。

 

長男(8歳)と長女(6歳)は、それぞれ頑張って、滑って転んでを繰り返していましたが、しばらくして長女がリンクを降りてきました。

長女:「どうして今日はお母さん、私にスケートを教えてくれないの?しばらく滑らなかったから、また下手になっちゃったよ……」

私:「ごめんね。(次男が)寝ちゃったし、お母さんみてないといけないから、今日は教えてあげられないよ。」

長女:「……。」

 

しばらくして、

「……今日はこんな日になるつもりじゃなかった。あんなに楽しみにしていたのに……。」

とつぶやき、長女は大粒の涙をこぼし始めました。

長女:「どうして今日はお父さんが来てくれないの?寒いからって、寒いからって、そんな事言って……。」

 

あんまり泣いているので、私は困って、「お父さんに電話してみる?」と尋ね、夫に電話をかけることにしました。

「もしもし?」

と夫が電話にでると、長女は堰を切ったように

「なんでお父さんは来てくれないの?寒いからって、寒いからって、なんでそんな事言って来てくれないの!今日はお母さんが教えてくれないからスケートが下手になっちゃったよ!」

と泣きながら激しく訴えていました。

夫も私も「ごめんね。」と言いますが、物理的にどうしようもありません。

 

しばらくすると、長男が気づいてリンクを降りてきました。

長男:「僕が(次男を)みといてあげるから、一緒に滑ってきたら?」

と言って、彼は寝ている弟を膝に乗せました。

長男にお礼を言って、長女とリンクにあがり、手をつないでまた一からスケートの滑り方を教えると、長女も許してくれました。

 

「なかなか1人で子供3人を同時に満足させることは難しいな。」

と思うと同時に、

「少しずつお兄ちゃんらしくなってきたかな。」

と、長男をちょっと頼もしく感じた一日でした。

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ