混合病理

心機能障害、糖尿病 (diabetes mellitus, DM)、心血管障害 (cardiovascular disease, CaVD) は、アルツハイマー病病理(Alzheimer's disease neuropathologic change, ADNC)を持つ患者の認知機能低下の要因として知られている。

今回、スウェーデン・Uppsala大学病院のDr. IrinaとDr. Sylwiaは、脳病理が心血管障害や糖尿病関連病理と関連があるかどうか調べた。

認知機能低下の一番の要因は混合病理

  • 剖検脳:n=119
  • 年齢 : 80-89 yo
  • DM : 15%
  • 認知機能障害 : 24%

<結果>

  • p-tau病理 : 99%
  • Aβ病理 : 71%
  • TDP43病理 : 62%
  • α-syn病理 : 21%
  • Primary age related tauopathy (PART) : 29%
  • Limbic predominant age-related TDP43 encephalopathy (LATE) : 4%
  • Dementia with Lewy bodies (DLB) : 3%

47%にintermediate/high ADNCを認めたが、DMやCaVDとの相関はなかった。

一方で、pTDP43や脳血管病変はDMとの相関があり、

脳血管病変は脳血管変性の程度と優位に相関があった。

 

認知機能障害の66%が混合病理を呈しており、

ほとんどはADNCとTDP43, α-syn、脳血管障害の合併だった。

 

DMやCaVDは脳血管障害のリスク因子だったが、ADNCとの相関はなかった。

Reference

  1. Alafuzoff I, Libard S. Mixed Brain Pathology Is the Most Common Cause of Cognitive Impairment in the Elderly. J Alzheimers Dis. 2020 Sep 28. doi: 10.3233/JAD-200925. Epub ahead of print. PMID:33016922.
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村