RBD

レム睡眠行動異常(rapid-eye-movement sleep behavior disorder, RBD)は、レム睡眠期の筋緊張低下が消失し、夢の内容によって実際に体が動いてしまう症状です。

RBDとパーキンソン病(Parkinson disease, PD)関連疾患との関係は強く、

特発性RBD(isolated RBD, iRBD)の発症から10年以上経つと、多くの患者さんがパーキンソニズムを発症するようになります [1]

今回、カナダの McGill大学のDr. Gan-Orらの研究グループは、家族性PDの原因遺伝子が、iRBDの発症に関連があるかどうか調べました [2]

 

PD遺伝子変異が特発性レム睡眠行動異常に関連するか

彼らは、1039人のiRBD患者群と1852人の健常コントロール群に対し、

PD関連の10種類の遺伝子のシークエンス解析を行った。

  • PRKN
  • PINK1
  • DJ-1
  • VPS13C
  • ATP13A2
  • FBXO7
  • PLA2G6
  • LRRK2
  • GCH1
  • VPS35

結果、いずれの遺伝子多型もiRBDに関連があるという結果は得られなかった。

My View

「RBD発症 → パーキンソニズム発症」の進行過程はBraak仮説とconsistentなので、

シヌクレインの伝播経路が関連あるんじゃないかと思っています。

今回調べた遺伝子のなかには、Lewy pathologyを来さない症例もあるので、個人的にはiRBDと関連がなかったという結果にも、そこまで違和感はない感じ…

もちろん、「いずれも全く関連なし」と結論づけるのは無理なんだけれど…

 

References

  1. Schenck CH, Boeve BF, Mahowald MW. Delayed emergence of a parkinsonian disorder or dementia in 81% of older men initially diagnosed with idiopathic rapid eye movement sleep behavior disorder: a 16-year update on a previously reported series. Sleep Med. 2013 Aug;14(8):744-8. doi: 10.1016/j.sleep.2012.10.009. Epub 2013 Jan 22. PMID:23347909.
  2. Mufti K, Rudakou U, Yu E, Krohn L, Ruskey JA, Asayesh F, Laurent SB, Spiegelman D, Arnulf I, Hu MTM, Montplaisir JY, Gagnon JF, Desautels A, Dauvilliers Y, Gigli GL, Valente M, Janes F, Högl B, Stefani A, Holzknecht E, Šonka K, Kemlink D, Oertel W, Janzen A, Plazzi G, Antelmi E, Figorilli M, Puligheddu M, Mollenhauer B, Trenkwalder C, Sixel-Döring F, Cochen De Cock V, Monaca CC, Heidbreder A, Ferini-Strambi L, Dijkstra F, Viaene M, Abril B, Boeve BF, Postuma RB, Rouleau GA, Gan-Or Z. Comprehensive Analysis of Familial Parkinsonism Genes in Rapid-Eye-Movement Sleep Behavior Disorder. Mov Disord. 2020 Oct 1. doi: 10.1002/mds.28318. Epub ahead of print. PMID:33001463.
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村