Tropea-Ann-Neurol-2019

以前は全く別の疾患と考えられていたものが、共通のリスク因子や病理を持つことが多いという認識が広まり、神経変性疾患の枠組みも大きく変わってきていると感じます。

今回の論文は、frontotemporal lobar degeneration with TDP-43 (FTLD-TDP) の修飾因子としてGBASで上がってきたTMEM106Bが、

PD患者の認知機能低下とも関連していそう、

というお話。

 

TMEM106Bは、

  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の認知機能低下、
  • アルツハイマー病(AD)におけるlimbic-predominant age-related TDP-43 encephalopathy(LATE)病理の合併、
  • ADやレヴィ小体病(LBD)における海馬硬化病理(Hippocampal sclerosis, HpSc)の合併

等との関連も報告されています。  

TMEM106BはPDとFTLDの認知機能低下のリスク因子

アメリカ・ペンシルベニア大学のTropea, Chen-Plotkinらのグループは、870人の患者

  • Parkinson disease (PD; n = 179)
  • Frontotemporal dementia (FTD; n = 179)
  • Alzheimer disease (AD; n = 300)
  • memory-predominant mild cognitive impairment (MCI; n = 75)
  • neurologically normal control subjects (NC; n = 137)

を対象に、TMEM106のジェノタイピングを調べ、認知機能検査等を縦断的に解析した。

  • Mini-Mental State Examination (MMSE; median follow-up duration = 3.0 years)
  • Mattis Dementia Rating Scale-2 [DRS-2] and Montreal Cognitive Assessment [MoCA])

またPD患者には、Parkinson’s Progression Markers Initiative [PPMI], N = 371) を行った。  

結果、TMEM106Bのrs1990622 TT(リスク アレル)を持つ患者は、PD、FTDともに5,6年間の認知機能低下の程度が高く、CC(保護的アレル)を持つ患者はその程度が低かった。

さらに、PD患者をDRS-2で経時的に認知機能測定を行ったところ、re1990622Tを持つ患者は、注意機能(β = 0.104, p = 0.002)、概念(β = 0.110, p = 0.004)認知機能低下(β = 0.130, p = 0.001)のスピードが速かった。  

TMEM106Bのジェノタイピングは、PDの認知機能低下予測のバイオマーカーとして有用と考えられた。

References

  1. Tropea TF et al., TMEM106B Effect on cognition in Parkinson disease and frontotemporal dementia. Ann Neurol. 2019 Jun;85(6):801-811. doi: 10.1002/ana.25486.
  2. VM Van Deerlin, PMA Sleiman, M Martinez‐Lage, Common variants at 7p21 are associated with frontotemporal lobar degeneration with TDP‐43 inclusions, Nat Genet, 2010 Find Article
  3. R Vass, E Ashbridge, F Geser. Risk genotypes at TMEM106B are associated with cognitive impairment in amyotrophic lateral sclerosis. Acta Neuropathol, 2011 Find Article
  4. NJ Rutherford, MM Carrasquillo, M Li. TMEM106B risk variant is implicated in the pathologic presentation of Alzheimer disease. Neurology, 2012
  5. ME Murray, A Cannon, NR Graff‐Radford. Differential clinicopathologic and genetic features of late‐onset amnestic dementias. Acta Neuropathol, 2014
  6. N Aoki, ME Murray, K Ogaki. Hippocampal sclerosis in Lewy body disease is a TDP‐43 proteinopathy similar to FTLD‐TDP Type A. Acta Neuropathol, 2015 Find Article