バイオジェンとエイザイ

バイオジェンとエーザイが、アルツハイマー病による軽度認知障害(MCI due to AD)および軽度AD患者を対象にした、

アデュカヌマブの有効性、安全性を評価する臨床第III相国際共同試験(ENGAGE試験、EMERGE試験)の中止を3月21日に発表しました。(エーザイのHPより

決定は、安全性に関する問題ではなく、主要評価項目が達成される可能性が低いと判断されたから、とのことです。

アデュカヌマブ(aducanumab)は、凝集Aβに結合するヒト遺伝子組み換えモノクローナル抗体(mAb)で、脳内の凝集Aβのクリアランスを促す効果が期待されていました。

2016年も報告では(Sevigny J et al., Nature, 2016)イケるかもとかなり期待していたのですが……残念です。

バイオジェン/エーザイは、翌3月22日に同じような抗Aβプロトフィブリル抗体(BAN2401)の臨床第III相試験(Clarity AD/301試験)の開始を発表していますが……はたしてどうなるでしょうか……

 

 

 

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村