α-synオリゴマー抗体の検証

以前、A53T変異の入ったBAC-SNCA-Tgマウスを解析していた事があり、

その際、α-シヌクレイン(α-syn)のオリゴマー抗体(SynO1)とフィブリル抗体(SynF2)を使って、

α-synのオリゴマーが特定の部位で増加している、

という研究結果を報告しましたが…

 

その時のアッセイで、

  • SynO1もSynF2も、ある程度まではモノマーに結合するなー
  • SynO1はフィブリルにも結合してそうだなー

という印象を持っていました。

(もちろん、感受性にはかなりの違いがありますが。)

 

今回、スイス・Brain Mind研究所のDr. Lashuelらの研究グループは、

世に出ている18種類のα-syn抗体(うち、16種類は構造特異的抗体)の特異度を

  • Slot blot analysis
  • Western blot analysis
  • Biacore studies for binding affinity measurements
  • Digital sandwich ELISA (SIMOA) assay

等でvalidationしました [1]

 

 

α-synオリゴマーの特異度を検証

α-syn抗体のvalidation

 

結果は、

  • 特定の構造(モノマー、オリゴマー、フィブリル)のα-synだけに結合する抗体はゼロ
  • オリゴマー特異的抗体と言われている抗体は、α-synフィブリルも認識する
  • オリゴマーとフィブリルに結合し、モノマーに結合しない抗体もある

というもの。

 

asyn-oligomer-ab-2

ほとんどのオリゴマー抗体はフィブリルにも結合するので、

これらの抗体を使って「オリゴマー特異的」と結論づけていた研究等は

ちょっと見直しが必要がありそうです。

 

…って、私もか…orz…

まあ、このスタディーにはO1とF2は入っていないんだけれど…でも…

Reference

  1. Kumar ST, Jagannath S, Francois C, Vanderstichele H, Stoops E, Lashuel HA. How specific are the conformation-specific α-synuclein antibodies? Characterization and validation of 16 α-synuclein conformation-specific antibodies using well-characterized preparations of α-synuclein monomers, fibrils and oligomers with distinct structures and morphology. Neurobiol Dis. 2020 Sep 22;146:105086. doi: 10.1016/j.nbd.2020.105086. Epub ahead of print. PMID:32971232.
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村