Science-2020-facial-expression

実験によく使用されているマウス達。

喜び、悲しみ、恐怖などの感情で、彼らは表情を変えているのだろうか。

ドイツにあるMax Planck Institute of NeurobiologyのGogollaらの研究グループは、マウスに様々な刺激に対してその表情を変化させることを明らかにした。

マウスにも表情がある模様

彼らは、マウスの表情を見分けるアルゴリズムを作製し、様々な感情(プレッシャー、不快、吐き気、痛み、恐怖)は表情で識別可能であるとした。

2光子顕微鏡のライブイメージングでは、それぞれの感情に沿って島回皮質の神経活動が変化する様子をとらえた。

References

  1. Nejc Dolensek, Daniel A. Gehrlach, Alexandra S. Klein, Nadine Gogolla. Facial expressions of emotion states and their neuronal correlates in mice. Science, 2020 doi: 10.1126/science.aaz9468
  2. Max-Planck-Gesellschaft. "The facial expressions of mice: The face of a mouse reveals its emotions." ScienceDaily. ScienceDaily, 2 April 2020. <www.sciencedaily.com/releases/2020/04/200402144430.htm>.
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村