R logo

共分散分析 (analysis of covariance, ANCOVA) は、 従属変数が「連続型」の場合、1つ以上の独立変数がその連続型の共変量に影響を及ぼしているかどうか調べる時に使う。

「共変量を用いる」という点を除けば、本質的には分散分析 (analysis of variance, ANOVA) と同じ。

R で ANCOVA をする時は、「重回帰 + ANOVA」というイメージ。

ANCOVA を R で行う方法: 準備

ある剖検群で、生前に mini mental state examination (MMSE) の認知機能検査を行っていた。

この MMSE (スコアは 0-30 の連続型) が、

  • 疾患A
    • A (-)
    • A (+)
  • 疾患B
    • B (-)
    • B (+)
  • MMSE 施行時の年齢 "AgeatMMSE"
  • 教育を受けていた期間 "Education"
  • MMSE 施行時から死亡までの期間 "MMSEtoDeath"

のうち、どのファクターの影響をうけているかを調べたい。

"tidyverse" パッケージをインストール

データ整理では必須。

install.packages("tidyverse")
library("tidyverse")

"car" パッケージをインストール

install.packages("car")
library("car")

Rank 関数

今回、目的変数のMMSETotalは、点数が低いほど認知機能が低下しているということ。

差が出やすいように、

rank関数

で順位づけしている。

rank(ベクター, 昇順 or 降順, 欠損値の取り扱い方, タイの場合のランク値を返す方法)

ベクター

今回は、"myData" の中の "MMSETotal" のデータを使いたいので、

myData$MMSETotal

を指定。

昇順か降順か

  • 昇順にランク付けしたい (最低値がランク1) 場合: asc
  • 降順にランク付けしたい (最高値がランク1) 場合: desc

デフォルトは昇順。

欠損値をどのように処理するか

  • "TRUE": 欠損値は最後に
  • "FALSE": 欠損値は最初に
  • "NA": 欠損値は削除
  • "keep": 欠損値は "NA" としてランクされる

タイの場合どのように処理するか

  • "ties.method=minimum": 全てのタイに対して、タイ値の最小のランク値を返す
  • "ties.method=maximum": 全てのタイに対して、タイ値の最大のランク値を返す
  • "ties.method=first": 最初に検出されたタイ値に対して最低のランク値を返し、次のタイは次のランク値、というようにあてがえていく
  • "ties.method=random": 全てのタイに対して、ランダムにランク値を返す
  • "ties.method=average": 全てのタイに対して、全てのタイのランク値の平均のランク値を返す
値のリスト ties.method
=minimum
ties.method
=maximum
ties.method
=first
ties.method
=average
1 1 1 1 1
2 2 3 2 2.5
3 4 4 4 4
2 2 3 3 2.5
空欄 空欄 空欄 空欄 空欄
5 5 5 5 5

今回、MMSEスコアは昇順、NAはキープ、タイは差が出やすいように average にランク付けしたいので、下記のように記述。

rank(myData$MMSETotal, na.last = "keep", ties.method = "average")

ANCOVA を R で行う方法: "lm" と "Anova" を使う

方法は、

lm(目的変数 ~ 説明変数1 + 説明変数2 ..., データ名)

で重回帰したデータを

car::Anova

する。

  • 目的変数: MMSE "MMSETotal"
    • スコアは、0-30 の連続変数
  • 説明変数1: 疾患A "A"
    • A (-): ダミー変数 "0"
    • A (+): ダミー変数 "1"
  • 説明変数2: 疾患B "B"
    • B (-): ダミー変数 "0"
    • B (+): ダミー変数 "1"
  • 説明変数3: MMSE 施行時の年齢 "AgeatMMSE"
  • 説明変数4: 教育を受けていた期間 "Education"
  • 説明変数5: MMSE 施行時から死亡までの期間 "MMSEtoDeath"
  • データ: "myData"
model <- lm(rank(myData$MMSETotal, na.last="keep", ties.method = "average") ~ A + B + AgeatMMSE + Education + MMSEtoDeath, myData) %>%
car::Anova(type="II")

car::Anova の type について

平方和。モデル項の仮説検定方略を指定する。

  • Type I: モデル項を逐次追加し、項を追加する前と追加した後のモデルの間で比較する。モデル項を投入する順序により結果が異なる場合がある。
  • Type II: 対象となるモデル項を含むモデルと、その項を要素として含む全ての項を除いたモデルとの間で比較を行う。
  • Type III: すべてのモデル項を含むモデルと、対象の項を除いたモデルとの間で比較を行う。

要因間に順序関係がある場合は、Type I を使うのがよい。

モデルに交互作用が含まれ、かつデータの分布があまり均等でない場合は、Type II

それ以外は Type III、というイメージ。

 

サマリーを抽出

model
output
> model <- clm(as.factor(LATE_Stage_2) ~ rs5848 + Age + Female, data=Data_G)
> model <- lm(rank(Data$MMSETotal, na.last = "keep", ties.method = "average") ~ A + B + AgeatMMSE + Education + MMSEtoDeath, myData) %>% car::Anova(type="II")
>
> model

Anova Table (Type II tests)

Response: rank(Data$MMSETotal, ties.method = "average", na.last = "keep")
           Sum Sq  Df  F value    Pr(>F)
A           10675   1  13.0407  0.000456 ***
B            6504   1   7.9454  0.005694 **
AgeatMMSE    4231   1   5.1687  0.024886 *
Education     802   1   0.9798  0.324371
MMSEtoDeath 34180   1  41.7567  2.71e-09 ***
Residuals   92497  113
---
Signif. codes: 0 ‘***’ 0.001 ‘**’ 0.01 ‘*’ 0.05 ‘.’ 0.1 ‘ ’ 1

上記の結果、P value "Pr(>|Z|)" は、「疾患A」でも「疾患B」でも有意差を持って MMSE のスコアに影響している事が判明。

また、MMSE施行時の年齢や、MMSE施行時から死亡までの期間もスコアに影響している。

これは、年齢があがるほど、そして認知症疾患が進行するほど認知機能が低下するので、リーゾナブルな結果といえる。

表として出力

モデルを

as.data.frame

でデータフレームに変換し、

mutate

で行名を追加し、

dplyr::select

で必要な列を選出し、

mutate_at

round

で表示する小数点を指定し、

rename

で列名を変更し、

plyer::revalue

で行名を変更する。

model <- model %>%
as.data.frame(row.names = row.names(model)) %>%
mutate(" " = rownames(model)) %>%
dplyr::select(` `, everything()) %>%
mutate_at(c("F value"), function(x) round(x, 2)) %>%
mutate_at("Pr(>F)", function(x) round(x, 3)) %>%
rename(p value= "Pr(>F)")

model$` ` = plyr::revalue(x = model$` `, c(AgeatMMSE = "Age at MMSE"))
model$` ` = plyr::revalue(x = model$` `, c(MMSEtoDeath = "Interval to death"))

そして、

flextable

で表として出力。

model %>%
flextable::regulartable() %>%
flextable::theme_booktabs() %>%
flextable::font(fontname = "serif", part = "all") %>%
flextable::autofit()

出力結果 ▼
ANCOVA

References

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ