transform-each-eyecatch

久しぶりにイラストレーター。

例えば、下のようなグラフの「ドットの大きさだけ大きくしたいなー」と思った場合、

transform-each-1
  1. 同じ性質のオブジェクトを選択
  2. 個別に変形

機能を使えば簡単に変形できる。

同じ性質のオブジェクトを選択

1.ドットの一つを選択し、「選択」タブから「共通」を選択。

2.変更したいオブジェクトに共通な性質を考え、

  • 塗りと線
  • カラー(塗り)
  • 不透明度
  • カラー(線)
  • 線幅

などを選択する。

transform-each-2

今回の場合、中の「塗り」の色がいくつか違うし、カラー(線)だと他の線まで拾ってしまうので、「線幅」を選択。

目的のオブジェクト達のみ選択できた。

transform-each-3

個別に変形

普通に「変形」機能を使って拡大すると、ドット間の距離も拡大されてしまう。

transform-each-7

ドットの大きさは大きくしたいけど、場所は動いてほしくないので、その場合は、「個別に変形」機能を使う。

1.「Alt + Shift + Ctrl + D」もしくは、「オブジェクト → 変形 → 個別に変形」

transform-each-4

2.「個別に変形」画面が開くので、どように変形したいかを決める。

左下の「プレビュー」に✓を入れておくと、実際にどのように変形されるか確認しながら設定できるので便利。

transform-each-5

今回は、水平方向に150%、垂直方向に180%拡大するようにした。

「オプション」のところにある「オブジェクトの変形」に✓を入れておくと、それぞれのオブジェクトの大きさを変形することになる。

これが例えば、「オブジェクトの大きさじゃなくて、中の模様を大きく/細かくしたい」場合には、その下の「パターンの変形」に✓をいれる。

 

3.設定が決まったら「OK」

transform-each-6

グラフの中のドットだけが、その場で大きくなってくれた。

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ