Wordpress

私は今まで、記事の目次はマニュアルで作成していましたが、時短の目的でプラグインを導入することにしました。

使用したのは、「Table of Contents Plus」というプラグイン▼

Table of Contests Plus


Table of Contents Plusを使って目次を作成

インストール

プラグイン → 新規追加 → Table of Contentsで検索 → インストール → 有効化

設定 → 「TOC+」という項目が現れる

基本設定

私の行った基本設定は下記の通り▼

Table of Contentsの設定

位置

最初の見出しの前(私の場合は最初の<h2タグ>の前)に設定しておくのが自然。

表示条件

3つにしたけど、いくつでもOK。

以下のコンテンツタイプを自動操縦

これは、目次を作成したいコンテンツを選ぶところ。

通常は、投稿記事や固定ページに作成する事が多いので、

  • post: 投稿記事
  • page: 固定ページ

等に☑を入れる。

私の場合は後述のように、特定の記事のみにショートコードで目次を挿入するようにしているので、ここでの☑は全部外している。

見出しテキスト

目次の上にタイトルを表示

目次の上にタイトルを入れる場合は☑を入れる。

タイトルのデフォルトは「Contents」だが、自分でカスタマイズできる。

私は「目次」に変更した。

ユーザーによる目次の表示・非表示の切り替えを許可

クリックで目次ボックスの開閉を可能とする。

私は☑を入れ、

  • 表示:「open」
  • 非表示:「close」

と表記するようにした。

階層表示

ここに☑を入れると、タグの階層ごとにマージンをとって表示してくれる。

例えば、下記のような感じ。

  1. h2タグ
    1. h3タグ
    2. h3タグ
  2. h2タグ
    1. h3タグ
    2. h3タグ

ここの☑を外すと、タグの階層に関係なく同じように表示される。

番号振り

項目毎に番号を振るかどうか決められる。

私は今まで、各タイトルに直接番号を入力していたが、これを機に改変し、CSSで自動的に番号を振るように変更した。

なので、ここでは「番号振り」に☑を入れ、自動で番号を振ってくれるようにした。

※なお、今までの記事につけていた番号は、「Search Regex」を使って修正した。

スムーズ・スクロール効果を有効化

「アンカーリンクにジャンプではなくスクロールする」に☑をいれると、スクロールで目的の場所まで移動できるようになる。

ユーザーフレンドリーなので採用。

外観

横幅、回り込み、文字サイズ、プレゼンテーションはすべてデフォルトのままにした。

    • 横幅:自動
    • 回り込み:なし
    • 文字サイズ:95%
    • プレゼンテーション:グレー(デフォルト)

※なお、プレゼンテーションのデザインは、cssで自分で整形している。

上級者向け設定

基本設定の下にある、「上級者向け」の表示の横の(hide)という文字をクリックすると、更に細かい設定が可能。

ユーザーフレンドリーな目次にしたいなら、こちらの設定はほぼ必須。

Table of Contentsの設定2

小文字

☑していなくても問題ないが、私はアンカーはすべて小文字で作ってほしいので、☑を入れている。

ハイフン

こちらもアンダースコアで問題ないが、私は他の属性もハイフンを使っているので、☑を入れている。

ホームページを含める

含める必要がないので外している。

cssファイルを除外

ここの☑を外しておくと、「基本設定:プレゼンテーション」で選択したデザインで目次ボックスが表示されることになる。

私は個人でスタイルをカスタマイズしているので、ここに☑を入れている。

テーマの見出し記号を保持

使用中のテーマでリスト要素に背景が含まれていて、それのスタイルを保持したい場合には☑を入れる。

私には関係ないので、☑は外したまま。

見出しレベル

どの<hタグ>を目次ボックスに入れるか選択できる。

通常は、

  • 記事のタイトルにh1タグ
  • 記事内のサブタイトルにh2タグ
  • 記事内の小項目にh3タグ
  • さらに小分けの項目にh4タグ以降

といった感じで使い分けているはず。

下層のタイトルまで入れてしまうと、目次ボックスが大きくなってよろしくないので、h2タグとh3タグのみ表示させるのが一番適当だと思う。

除外する見出し

h2やh3タグをつけていても、目次ボックスに表示する必要のない項目がある場合、ここに該当するワードをいれて除外することができる。

私の場合は、参考文献/サイトを一番したに表示しているが、これは目次ボックスにいれなくても良いとおもったので、除外した。

また、関連記事を投稿の下に載せているが、このタイトルがデフォルトでh3タグになっている。あと、コメントも。

これらはもっと載せなくても良いので、除外した。

除外する見出しの入力方法

上記のように、除外したいタイトルが複数がある場合は、パイプ記号「|」で区切って入力する。

e.g.: References|Related Posts

また、私の記事では、参考文献が1つの場合は「Reference」とし、複数ある場合は「References」と、記事毎にタイトルが若干異なっている。

この場合、アステリスク記号「*」をワイルドカード(どんな文字でもOK記号)として使用できる。

e.g.: Reference* → ReferenceもReferencesも認識してくれる。

大文字と小文字は同じ文字として認識される。

スムーズ・スクロール上部余白

サイトに画面固定ヘッダーがある場合、リンク先がその分ずれてしまう。

それを防ぐために、ここで上部オフセットを調節できる。

WordPressの管理バーの固定ヘッドは30pxなので、デフォルトでは30が入力されている。

私の使用しているテーマはさらに大きな画面固定ヘッダーになっているので、実際に確認しながら、この値を増やしていき、最終的に150pxで決定した。

パス限定

特定のページのみで表示させたい場合、パスを指定し、そのパスが含まれる記事のみに自動で目次ボックスを作成できる。

その場合、スラッシュ「/」で始まるパスを設定する。

e.g. researchというカテゴリーの、さらにtipsという項目の記事のみに目次ボックスを設置したい場合、

/research/tips/

と入力。

目次ボックスを設置したいパスが複数ある場合は、カンマ「,」で区切って入力する。

e.g. /research/tips/,/diary/others/pets 

アンカーのデフォルト接頭辞

アンカーターゲットの接頭辞を決められる。

接頭辞は、英数字のみと決められている。

空白にすると番号が代わりに使用される。



全部設定し終わったら、「設定を更新」を押して反映させる。

特定の記事のみに目次ボックスを作る方法

TOCのショートコードを利用する

上記の通り、

  • 表示条件
  • 以下のコンテンツタイプを自動挿入
  • パス限定

などで、目次ボックスを入れるコンテンツをある程度選択できるが、私の場合は、さらに細かい記事の指定が必要。

その方法も、Table of Contents Plusで可能。

使うのは、下記のショートコード

[toc\]
※[ ]は小文字

これを、目次ボックスを入れたい場所に記載するだけで、その記事のその場所に目次ボックスが設置されることとなる。

私は、「以下のコンテンツタイプを自動挿入」の☑を全部外し、必要な記事のみ、このショートコードを貼って、目次ボックスを設置している。

cssで目次ボックスのデザインをカスタマイズ

F12でinspectをみると、ボックス内の要素は

  • ボックス全体:#toc_container
  • 目次タイトル: #toc_container p.toc_title
  • 項目リスト: #toc_container ul etc...

となっている。

これを使って、cssで整形。

外観 → カスタマイズ → 追加css

こんな感じにカスタマイズ▼


ウィジェットに目次を入れて記事に追尾させる

上の方に目次を入れていても、長い記事になると、途中からどこを読んでいるのか迷子になり、目次に戻りたくなる。

私は、「WPFrontScroll Top」というプラグインで、記事のどこからでも先頭に戻れるようにしているが、

「毎回記事のトップに戻るんじゃなくて、その場で目次をみながら行きたい場所を選択できるように」する方法。

残念ながら私の使用しているテーマでは追尾ウィジェットがうまく機能しない。

関連記事を見ると、phpをイジらずcssだけでも可能のようだが、今回はもっと簡単にプラグインで対応した。

導入したのは、「Q2W3 Fixed Widget for WordPress」というプラグイン▼

Q2W3 Fixed Widget for WordPress

Q2W3 Fixed Widget for WordPressの使い方

インストール

プラグイン → 新規追加 → Fixed Widget for WordPressで検索 → インスト-ル → 有効化

ウィジェットに追加

外観 → ウィジェット → ブログサイドバーの中に「TOC+」をドラッグ&ドロップ

タイトルを記入(私は「この記事の目次」と記入した。

Fixed widgetの項目に☑をいれ、完了

これで追尾が可能となる。

Fixed widget

追尾ボックスの位置の設定

外観 → Fixed Widget設定

Q2W3 Fixed Widget for WordPressの設定

色々設定項目はあるが、私は上マージンのみ設定を変更し、あとはデフォルトのままにした。

上述の通り、固定表示ヘッダーがある場合は、上マージンを調節して、目次ボックスの固定位置を調節する。

追尾ウィジェット内の目次デザインをカスタマイズ

F12でinspectをみると、ウィジェット内の目次ボックスの要素は

.toc_widget_list li etc...

となっている。

これを使って、2.と同様にcssで整形。

こちらの方はwidgetが基準なのであまり変えず、行間や文字装飾のみの変更に留めた。

出来上がりは▼

追尾ウィジェット

 

これで、長い記事を読んでいる途中でも、記事内の場所が把握でき、また目的の場所にスムーズに移行できるようになった。

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村