excel-logo

幾つかの遺伝子改変マウスを管理するときに、セルを色分けしているとわかりやすい。

ただこの場合、例えばバイジェニックだと2個のセル(DFとDG)を参照して別セル(DD)をハイライトする事になる。

excel-conditional-2

今回はその方法の備忘録。

違うセルを参照にして特定のセルを装飾する

1.装飾したいセル(私の場合は列)を選択した状態で、「ホーム(Home)」タブ → 「書式(Style)」「条件付き書式」「新しいルール」を選択。

excel-conditional-0

 

2.「数式を使用して書式設定するセルを決定(Use a formula to determine which cells to format)」を選択し、「数式」の欄に参照セルの情報を記入する。

下記例は、CF列で "+/-"、CG列でも "+/-" だったら、黄緑にハイライトしたい場合。

AND関数でつなぐ。

excel-conditional-1

 

3.「書式(Format)」を押すと、修飾したい内容(文字の大きさ、太さ、色、セルの色、ボーダーライン etc.)を選択できる。

excel-conditional-3

 

4.目的どおり、+/-;+/- だと ID が黄緑に配色されるようになった。

excel-conditional-4

複数の条件を指定してセルの装飾を変更する

5.他に、

  • CF列が "+/-"、CG列が "WT" だったら、薄緑
  • CF列が "WT"、CG列が "+/-" だったら、薄黄色

という条件も追加したいので、

同じ任意のセル(列、行)を選択し、「条件付き書式(Conditional formatting)」「ルールの管理(Manage rules)」で管理画面を開く。

excel-conditional-5

 

6.「ルールの複製(Duplicate Rule)」で複製し、

excel-conditional-6

 

7.それぞれの条件に合わせて内容を変更する。

excel-conditional-7

 

8.条件毎に ID セルの配色が変更されるようになった。

excel-conditional-8 

以上の条件はマクロを登録しておく

条件設定を何度もやるのは時間の無駄!

なので必ずマクロ登録して、次から自動で動いてくれるように設定しておくべし。

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ