RStudio

RStudioでは、実行したオブジェクト(ベクトル、リスト、データフレームなど)はそのまま "environment" の中に残り、再利用することができる。

environment-before

この environment に残っているオブジェクトは、そのオブジェクトを environment 内でクリックするか、

ls()

で確認できる。

 

ただずっと使っていると、だんだん environment 内に色々溜まってきて、一掃したくなることも。

そんな時は、

rm()

を使う。

rm(list = ls())

ただし、is関数はオブジェクト名が「.(ドット)」で始まるオブジェクトは返さないので、これは残る。

すべてのオブジェクトを削除したい場合は、rm関数の all.names オプションにTRUEを指定する。

rm(list = is(all.names = TRUE))
environment-after

綺麗に一掃された。

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

References