illustrator-figures-11

Illustrator で Figures を作成するときの備忘録。

※ これは個人設定です。トリムマークやガイドの設定は論文投稿には必要ないですが、私はこれで慣れているので……

トリムマーク(トンボ)の作成

1.A4 で新規ドキュメント作成

2.W185 mm x H260 mm の四角を作り、ドキュメントの中央に配置する

(Wideは、2 columns用:185 mm, 1 column用:90 mmで設定)

3.作成した四角を選択し、「オブジェクト → トリムマークを作成」でトンボを作成する

Illustrator-figure-1

ガイドの作成

1.作成した四角をもう一度選択し、「オブジェクト → パス → パスのオフセット」を選択

Illustrator-figure-2

2.外側用に3 mm、内側用に-3 mmでオフセットを作成する

Illustrator-figure-3

3.全ての四角を選択して、「表示 → ガイド → ガイドを作成(もしくはCtrl + 5)」でガイドを作成する。

Illustrator-figure-4

4.F7でレイヤー画面を表示し、レイヤー名を「Guide」に変更し、レイヤーロックする。

Illustrator-figure-5

アートボードの設定

1.アートボードを内側のガイドに合わせる

「ファイル → ドキュメントの設定(もしくは Ctrl + Alt + P) → アートボードの編集 」

移動の支点を真ん中にした状態で、

  • X: 105 mm
  • Y: 148 mm
  • W: 179 mm
  • Y: 254 mm

に設定。

レイヤーを追加

1.作図を始めるときは、Guideレイヤーをロックしたままで、別のレイヤーを作成し、その上に作図していく

  1. Letter
  2. Line
  3. Flame
  4. Image
  5. Guide (locked)
illustrator-figures-7

アウトラインを作成後、図表を載せる

1.作成したFlameレイヤー上にアウトラインを作成する

2.そのアウトラインに合わせて、Imageのレイヤーに写真や表を載せていく

3.画像は、予め photoshop で大きさと解像度を設定してつくっておき、illustrator の上に載せていく。イラレの上での拡大縮小はしない。

(ちょっとの補正だったらするけど、基本はフォトショの構成のまま。)

図表の枠線の付け方

1.アウトラインで枠線しているが、この枠線の上に、ぴったりの大きさのイメージを乗せ、アウトラインはそのままにしておく

2.各図表に枠線を付ける時は、ウィンドウ → アピアランス(もしくは Shift + F6)でアピアランスを表示しておき、

「図表を選択 → アピアランス → 枠線を選択 → fx → 形状に変換 → 長方形」と選択

illustrator-figures-8

2.形状のオプションを、「Relative」にし、Extra Width と Extra Height をともに 0 mm にする

illustrator-figures-9

3.枠線は、1pt、黒で設定

illustrator-figures-10

4.こうしてFiguresを作成していき、レイヤーの表示をつけたり消したりして確認しながら、全体の構成をつくりあげていく

図に文字を重ねる時

図に文字やスケールバーを重ねる時、私は、文字が目立つように、必ず背景色で文字の周りにアウトラインをとっている。

例えば、

  • 明視野の時は、白のアウトライン
  • 暗視野(蛍光染色の写真etc.)の時は、黒のアウトライン

といった感じ。

方法は、

1.文字etc.を選択し、「アピアランス」→ 「枠線マーク」で枠線を追加

2.枠線のレイヤーをオブジェクトの下に配置し、色を背景色に変更

3.枠線の太さは、オブジェクトにより様々だが、だいたい1–2 pt にしている

画像をTIFFファイルでエクスポート

作成したFiguresは、AI ファイルで保存し、画像自体は TIFFファイルでエクスポートする。

自分用にはトンボをつけた状態でエクスポート、

投稿用には、トンボとガイドを隠した状態で、イメージのみエクスポートする。

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村