Wordpress

以前、アイコン付きのカテゴリー出力方を記載した ▼

今回は、カテゴリーをクリックした時に、

  • 左側にサムネイル画像
  • 右側に抜粋記事
  • 丸みを帯びた長方形で囲む

といったデザインにする方法をメモっておく。

扱うのは、下記3つ。

  • content-excerpt.php
  • function-php
  • css

左側にサムネイル画像を挿入

content-excerpt.phpの子テーマを作っておく

(Xserverでの作り方はこちら)  

外観 → テーマエディター → 子テーマ → template-parts > post > content-excerpt.php  

既にget_the_categoryを使った下記コードを記入済み ▼

<article id="post-<?php the_ID(); ?>" <?php post_class(); ?>>
<header class="entry-header">
<?php if ( 'post' === get_post_type() ) : ?>
<div class="entry-meta">
<h6 class="category"> 
<i class="fa fa-folder-open"></i>
<?php
echo get_the_category_list( ' / ','multiple' );
?></h6>
<h6 class="time">
<?php
echo twentyseventeen_time_link();
twentyseventeen_edit_link();
?></h6>
</div><!-- .entry-meta -->
<?php elseif ( 'page' === get_post_type() && get_edit_post_link() ) : ?>
<div class="entry-meta">
<?php twentyseventeen_edit_link(); ?>
</div><!-- .entry-meta -->
<?php endif; ?>
<?php
<if ( is_front_page() && ! is_home() ) {
// The excerpt is being displayed within a front page section, so it's a lower hierarchy than h2.
the_title( sprintf( '<h3 class="entry-title"><a href="%s" rel="bookmark">', esc_url( get_permalink() ) ), '</a></h3>' );
} else {
the_title( sprintf( '<h2 class="entry-title"><a href="%s" rel="bookmark">', esc_url( get_permalink() ) ), '</a></h2>' );
}
?>
</header><!-- .entry-header -->
</article><!-- #post-## -->

コードを追加し、「ファイルを更新」

挿入場所は、</article><!-- #post-## --> の直前。

<!-- 抜粋記事の左側にサムネイル画像 --> 
<?php if ( '' !== get_the_post_thumbnail() && ! is_single() ) : ?>
<div class="post-thumbnail">
<a href="<?php the_permalink(); ?>">
<span style=" float: left; margin-right: 1em;"><?php the_post_thumbnail( 'eyecatch' ); ?></span> 
</a> 
</div>
<!-- .post-thumbnail -->
<?php endif; ?>

サムネイル画像の大きさを調節

管理画面 → 外観 → テーマエディター → 子テーマ → functions.php  

コードを追加

 // カテゴリー記事一覧のサムネイルの大きさ
add_image_size( 'eyecatch', 267, 150, true );

右側に抜粋記事

サムネイル記事用コード直下に、コード追加

挿入場所は</article><!-- #post-## -->の直前。

<div class="entry-summary">
<?php the_excerpt(); ?>
</div><!-- .entry-summary -->

抜粋記事の文字数を変更

WP Multibyte Patchのプラグインをインストール → 有効化

WordPressのデフォルトで、シングルバイトは55文字、日本語などのマルチバイトはは110文字に設定されている。

しかしながら、日本語のように語句の間を半角スペースで区切らない言語では、文字数を判定できないため、

抜粋できずに本文のほとんどが出力されてしまうことがある。

この問題を解決するためのプラグインが「WP Muotibyte Patch」。

function.phpに追記

管理画面 → 外観 → テーマエディター → 子テーマ → function.php

 // 抜粋記事の文字数を変更
function twpp_change_excerpt_length( $length ) {
  return 50; 
}
add_filter( 'excerpt_length', 'twpp_change_excerpt_length', 999 );

私は抜粋文字数を短くしたかったので、50文字に変更した。

"return 50"の数字部分を、任意の数字に変更すればOK。

filterの第3引数、priorityが999になっていることに注意。

そうでないとWordPressの処理が設定を上書きしてしまう。

 

条件分岐を使うと、ページによって抜粋の文字数を変更することも可能。▼

function twpp_change_excerpt_length( $length ) {
  $length = 50;
  if ( is_category() || is_tax() ) {
    $length = 100;
  } 
  return $length; 
}
add_filter( 'excerpt_length', 'twpp_change_excerpt_length', 999 );

丸みを帯びた枠で囲む

CSSに追記

管理画面 → 外観 → テーマエディター → 付随のCSSのエディター

コード追加

 /*アーカイブページの枠線*/
.blog .site-main > article, .archive .site-main > article, .search .site-main > article {
    padding: 1.5em;
    border: 1px solid #ccc;
    border-radius: 10px;
    margin-bottom: 2em;
}

できあがったカテゴリー記事一覧

こんな感じ。

(後に色々整形し、もうちょっと違う内容になっています。)

カテゴリー記事一覧

References

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村