r-multicursor-2

R Studio を使っていてちょっと不便だなと思ったのが、VS Code で多用している

  • Ctrl + Shift + L (カーソル上と同じ単語etc. を全選択)
  • Ctrl + Shift + D (カーソル上と同じ単語etc. を一つずつ選択)

と同じショートカット機能がないことです。

この機能に使い慣れている私にとってはかなり困る事象なんですが、普段から R Studio を使っている人達はこの問題にどう対処しているのかフォーラムで質問してみました。

結果、全く同じ機能はないけれども、Ctrl+Shit+Alt+M などで代用していると教えてもらいました。

慣れるとまあまあ使えるかな……という事で、こちらに書き留めておきます。

カーソル上と同じ単語etc.を全選択:Ctrl + Shift + Alt + M

VS Code で多用する「Ctrl + Shift + L」

VSCode で Ctrl+Shift+L を押すと、そのカーソル上にある単語と同じ単語を選択し、一括で変更することができます。

例えば下記で "Order_C" の上で「Ctrl + Shift + L」を押すと、

r-multicursor-1

コード内のすべての "Order_C" が選択され、一括変更が可能です。

r-multicursor-2

これを R Studio でやろうとすると、その行全体を選択することになります(VS Code の「Ctrl+L」に相当)。

r-multicursor-5

R Studio では「Ctrl + Shift + Alt + M」

では、R Studio ではどうするかというと、VS Code の「Ctrl + Shift + L」とほぼ同じ機能として、 R では「Ctrl+Shift+Alt+M」というショートカットキーを用います。

「Ctrl + Shift + Alt + M」では、R Studio 側が「同じ」と判断した部分を全選択します。

私は R Studio markdown を使っているのですが、その場合は同じ単語として判断された部位をチャンク内で全選択してくれます。

r-multicursor-2

このように全選択した状態で、コードを一括で変更できます。
(※ "Order_C" を "Order_C1" に変更した場合 ▼)

r-multicursor-3

カーソル上と同じ単語を一つずつ選択

VS Code で多用する「Ctrl + D」「Ctrl + K」「Ctrl + U」

任意の単語を一括で変更したいけど、全選択は都合が悪い場合、VS Code では、「Ctrl + D」で一つずつ選択することができます。

「Ctrl + K」でスキップし、

「Ctrl + U」で1個前に選択したものを選択解除できます。

R Studio では「検索→置換」機能を使う

VS Code の「Ctrl + D」と同じ機能は、残念ながら R にはないようです。

この場合ちょっと古典的ですが、「検索→置換機能を使うしかない」と言われました。

  1. 任意の単語を選択した状態で、「Ctrl + F」で検索ボックスに移動
  2. 置換したい場所に来た時は「Replace」で置換する
  3. スキップしたいときは「Next」を使う
  4. 「Prev」で手前に戻るのもOK
r-multicursor-4



正直、マルチカーソルに関しては VS Code の方が使いやすいと思うのですが、他に R Studio の方が使いやすい機能もあるので、特に R markdown を使う時は R Studio を利用しています。 </tp>

ショートカットにもできるだけ慣れていきたいところ……

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ