ママ研究者の雑記帳

3人の子持ち研究員の、海外・研究・育児生活あれこれ

「研究生活」の記事一覧

memorial-symposium

メモリアルシンポジウム当日

バタバタしながら迎えた金曜日。 午前中には、プレゼンテーター達の何人かがラボを訪れると聞いていましたが、私にはちょっとお腹いっぱいだったので、ラボには顔を出さず、ちょっと遅れて出勤し、直接会場に向かいました。 &nbsp […]
memorial-symposium

メモリアルシンポジウム前夜

故Co-PIのメモリアルシンポジウム前夜。 招待されたプレゼンテーター達が集まって食事会が開かれました。 昼間はオサレ服でマウスと戯れ 「何を着ていけば……」 と、朝から悩みました。スーツ?ドレス?普段着? よくわからな […]
memorial-symposium

メモリアルシンポジウム前々日

先月末で、予定していたマウスの手術が全て終了し、やっと一息ついて……と言いたいところですが……相変わらず追われていますorz... ちょっと頭を整理するために何に追われているか洗い出してみると、 プライベート 引っ越しに […]
logo-Photoshop-ImageJ

ジャーナルから “photoshopで画像のコントラストを調節したら駄目ですよ” と指摘された件

先日、投稿先のジャーナルから 「レビューアーのレビューは終わったんだけど、ジャーナルのルーチンチェックで画像に懐疑的な問題が指摘されたので、対応してください。」 という旨のメールが届き、一気に心拍数が上昇しました。 ―― […]
pocky

神様からの贈り物

帰国後の人事について悶々としている間も、今ラボの仕事は毎日鬼のように降ってきて、休む暇はありません。 マウス部屋のQuarantineは継続中で、私は何度もスタッフと交渉をしながら毎回許可を取り付け、毎週3日ほどは手術部 […]
overcome

神は乗り越えられる試練しか与えない……とはいうけれど。(13)

Chairと話した翌日、私は最近考えていたことを夫に尋ねてみました。 「もう帰国後の仕事は決まっているけれど、2,3年後とかにアメリカに戻ってこれないかな?」 夫は帰国後に昇進が決まっていますが、私の場合はそれとは違う処 […]
asia

日韓関係について韓国人と話してみた事

ちょっと前の話になりますが、隣の席の韓国人の同僚が、祖国でポジションを得て、急遽帰国することになりました。 彼は私達夫婦と同じ脳神経内科医で、韓国で患者さんを診ながら臨床研究でたくさん業績を出していたのですが、 「一度は […]
resignation-letter

辞表

先日、今年の9月いっぱいまで今のラボでの雇用を延長してもらう事が決まり、秘書さんがそのための手続きを進めてくれました。 彼女の説明によると、ポスドクは1年契約しかできないので、一度来年度までの1年雇用延長の手続きを行った […]
hope

絶望と希望と

ある日の朝、ラボのグループメールに衝撃のお知らせが飛び込んできました。 動物施設のRoom46でウイルス感染が確認され、この部屋のマウス達は全て隔離されます。   ラボは騒然としました。 ラボ内のマウス達の半分 […]
memories

追悼8:思い出話

断書 本記事は、少し前、私の身近な人が他界する前後に書き溜めていたものです。 遺族の許可を得て投稿しておりますが、ここに書かれていることはすべて私の主観を元に書かれている点をご了承ください。   Co-PIが亡 […]
will

追悼7:決意

断書 本記事は、少し前、私の身近な人が他界する前後に書き溜めていたものです。 遺族の許可を得て投稿しておりますが、ここに書かれていることはすべて私の主観を元に書かれている点をご了承ください。   Co-PIが亡 […]
footprint

追悼6:足跡

断書 本記事は、少し前、私の身近な人が他界する前後に書き溜めていたものです。 遺族の許可を得て投稿しておりますが、ここに書かれていることはすべて私の主観を元に書かれている点をご了承ください。   Co-PI逝去 […]
Drift into the Sunset

追悼5:Drift into the Sunset

断書 本記事は、少し前、私の身近な人が他界する前後に書き溜めていたものです。 遺族の許可を得て投稿しておりますが、ここに書かれていることはすべて私の主観を元に書かれている点をご了承ください。 なお、遺族より紹介された追悼 […]
ビデオコール

追悼3:ビデオコール

断書 本記事は、少し前、私の身近な人が他界する前後に書き溜めていたものです。 遺族の許可を得て投稿しておりますが、ここに書かれていることはすべて私の主観を元に書かれている点をご了承ください。   Co-PIが病 […]
meeting-room

追悼2:声を震わせ

断書 本記事は、少し前、私の身近な人が他界する前後に書き溜めていたものです。 遺族の許可を得て投稿しておりますが、ここに書かれていることはすべて私の主観を元に書かれている点をご了承ください。   Co-PIが事 […]
個人ミーティング

久しぶりの個人ミーティング

先日、PIと私と夫、3人でミーティングがありました。 最近、PIとCo-PIが共にラボに来られず、グループミーティングなどにも出席できずにいたので、私達のプロジェクトの進行状況の確認と、今後のキャリアプランなどについて話 […]
open-access

オープンアクセスにすべきか否か

先日、現在のラボで始めた仕事の原著論文を出すことができました。 個人的にとても勉強になる仕事だったので、多くの人々に読んでいただき、意見をもらいたいと思っています。   ……と、思いながら最後の Proof を […]
farewell-ceremony

離任式

先日、Co-PI の Institute of Aging (IOA) ディレクターの離任式がありました。 彼は1991年から約20年間 NIA のディレクターを努めていましたが、今年離任を決めたようです。   […]
top5-cited-article

Top5 cited article

去年、かなり切ない想いで書き上げた総論…… この度、この論文が雑誌の Top5 cited article になったと連絡を受けました。   一生懸命書いたので、多くの人達に読んでもらい引用して頂いた、という連 […]